ランキングを
今すぐ見てみる!

産後のむくみはなぜ起きるの?

公開日: |最終更新日時:

妊娠中だけだと思っていたのに、産後も続くむくみ。そもそも何故産後のむくみが起きるのでしょうか?ここでは産後のむくみや対策法について分かりやすく解説していきます。

むくみとは?

私たちの身体は、約60%が水分で出来ています。水分は臓器の成分としてだけでなく、血液やリンパ液など体内を巡っているのです。栄養素や老廃物などを運搬するだけでなく、皮下組織に溜まった水分は体温を保つ働きも担っています。また余分になった水分は、尿や汗として体外に出すことで、体の水分を一定のバランスで保持できているのです。

むくみとは医学用語でいうと「浮腫」と呼ばれ、皮下組織内の水分量が過度に溜まっている状態を指します。基本的にむくみは全身に起こり得るのですが、重力によって下肢に水分が溜まってしまうことが多いのです。

参照元:横浜SEED整骨院(https://www.seed-mmc.com/swelling/)

産後に起こるかもしれないむくみの症状

  • 出産前の靴が入らない
  • 出産前は寝ると解消していた足のむくみが治らない
  • 見た目がゾウのような足(足首がわからない)
  • 顔がむくんでいる(丸い感じがする)
  • 指輪が入らない

出産後は体のどこにむくみの症状が現れてもおかしくありません。人によっては顔や指先などがむくむというケースもあります。

むくみが起きる原因

ホルモンバランスの変化

出産することによって、女性ホルモンは急激に減ってしまい、ホルモンのバランスが大きく変わってしまいます。人によってはホルモンの影響で、更年期に似た症状が現れることもあるほど、ホルモンと身体の不調は密に関係しているのです。

水分を溜め込みやすい

分娩を行うと、体に蓄積されていた羊水が一気に体外に出されてしまい、体内の水分量は著しく減ってしまいます。そのため体は無意識に水分を溜め込もうとしてしまうのです。また出血や授乳などでも血液が体の外に出てしまい、水分は更に減少。その結果、体は水分を溜め込みやすい状態になっていきます。

リンパの損傷

赤ちゃんが産道を通るとき、鼠径部にあるリンパ節を圧迫してしまうケースがあります。分娩時間が長いケースや極端に短いケース、赤ちゃんの頭部が大きいときに起こりやすいと言われており、リンパ液の流れが滞ってしまうのです。そのため通常のむくみではなく、リンパ液が溜まったリンパ浮腫が起きてしまいます。

疲労

赤ちゃんは時間など気にすることなく泣き続け、夜間も何度も授乳で起きる生活が続きます。さらに赤ちゃんをあやすために立ちっぱなしということも。そうなれば体の疲労はピークになり、水分を調整する機能も衰えてしまうのです。

運動不足

下肢に水分がたまる原因のひとつは、筋力が低下していることです。ふくらはぎはポンプ作用があるため、水分を心臓に向かって押し出すサポートを行っています。運動不足によって筋力が低下すれば、ポンプ作用も衰えてしまい、むくみやすい体になってしまうでしょう。

むくみ対策

クッションの有効活用

足のむくみがある場合には、横になったときに足の下にクッションを置きましょう。もちろん赤ちゃんの世話もあるため、優雅に寝ている時間はないと思うかもしれませんが、少しでも寝る時間を確保するのは大切なことです。足元にクッションをおくことで、心臓より高い位置に足を上げることができ、自然と水分が足元から心臓に向かって流れやすくなります。

マッサージ

下肢にむくみがある場合

  • 足の指を1本ずつグルグル回す
  • 足先から膝にかけて、ふくらはぎを押しながら上に上げていく
  • 膝の裏をゴリゴリ押す

上記の方法を痛みのない程度に、時間のあるとき行ってみてください。なかなかマッサージに時間をかけられない方も多いでしょう。そんな方は「指先をグーパーする」「ふくらはぎのストレッチをする」だけでも、むくみは変わってくるので試してみてください。

着圧ソックスを活用

マッサージに時間を割けない方なら、着圧ソックスもおすすめです。着圧ソックスは通常の靴下よりも圧力が強くかかるため、強制的に溜まった水分を心臓に押し流してくれます。ただ履くだけなので、気軽に試せるのもメリットでしょう。しかし適正なサイズを選ばなければ効果が出にくいということも。購入する際、適正なサイズが記載されてあるので必ずチェックしましょう。

また着圧ソックスを履いた際、しびれや冷感などがある場合は圧迫しすぎて血流が悪くなっているかもしれません。すぐに着圧ソックスを外し、様子を見るようにしましょう。改善が見られなければ、早めに医療機関を受診してください。

体を動かす

産後1ヶ月は外出を控え、ゆっくりと身体を休ませることが大切です。身体の状態を見ながら、1ヶ月経った頃から、徐々に外出を行っていきます。まずは近所を1周するだけの散歩で構いません。無理なく、ゆっくりと身体を動かすことを意識しましょう。

また家の中でもストレッチをしたり、肩甲骨を回したり、関節を動かしたり、簡単な運動をすることも大切です。時間をかけて元の生活に戻れるように、無理せず動かしてください。

塩分・カリウムを意識する

赤ちゃんのお世話が忙しく、つい自分の食事のことを忘れがちに。時間もないのでインスタントラーメンなどジャンクフードが増えているケースも多くあります。しかし塩分を摂取しすぎれば、むくみが酷くなるだけでなく、血圧などにも影響を及ぼすので注意してください。

またカリウムを多く含んだ食材を積極的に摂ることも大切です。バナナやわかめ、ブロッコリーなどを意識して食事に加えるようにしましょう。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
産後の悪露
妊婦さんにおすすめのおやつ
気をつけたい妊娠性歯肉炎とは?
万が一に備えた自己血貯血について
出生届けの出し方
里帰り出産の流れ
妊娠報告をするタイミングとは
にんしんSOSヨコハマに相談してみよう
ウェルカムベビープロジェクト
妊娠中のダイエット食
横浜で赤ちゃん連れで遊べる場所【室内・室外】
妊娠中の悩み
お七夜とは
分娩の予約はいつする?
妊娠・出産にかかる費用の平均額
横浜市の子育て支援制度
神奈川県内初の新生児聴覚検査の費用助成
【横浜の方必見!】山下公園にあるハッピーローソンとは?
横浜市の子育て支援について
横浜市産後母子ケア事業について
妊娠中に起こりやすいトラブル
LDRでの出産
起きるかもしれない癒着胎盤について
妊娠時に足がつる!こむら返りの原因・対策法
出産前に準備するもの
立ち合い分娩
分娩の流れ
出産前にパパがやること
吸引分娩とは?
おむつ自動販売機
2人目の産院選びで気を付けることは?
出産の計画を立てるバースプランとは?
産後の食事について
妊娠中の食べづわり
妊娠中におすすめの食べ物
妊娠中に気をつけたいこととは?
夜泣きが起きる原因とその対処方法
出産前後にやっておきたい手続き
分娩の種類
陣痛はどれくらい痛いの?
妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離
母子手帳をもらうには
横浜市で出産した場合に受けられる支援
両親学級にいこう
出産時・分娩時の呼吸法
後陣痛とは
産後ケア(産褥ケア)とは?
妊婦検診を受けよう