ランキングを
今すぐ見てみる!

産婦人科専門クリニックとは?

公開日: |最終更新日時:

産婦人科専門クリニックとは

産婦人科専門クリニックとは、女性特有の臓器を対象とするクリニックのことで、主に子宮や卵巣、外陰部などを対象としていて、その代表的な症状は、月経の異常(月経困難症、月経不順、過多月経など)や妊娠に関連すること、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮がん、卵巣がんなどです。

産婦人科の医師が1人以上常駐していて、入院できるベッド数が19床以下の施設を産婦人科専門クリニックと呼びます。院長の方針がそのまま診療の方針となる場合が多く、ソノクリニックによって、不妊治療や麻酔分娩ができます、などの得意分野を掲げていることがあります。診察や分娩時の介助の両方で、院長が担当医というケースが多いため、院長との相性が重要で、フィーリングがあえば希望する形のオリジナルの出産が実現する可能性が高いです。

施設の規模によっては、帝王切開ができる日が限られていいたり、より高度な医療技術が必要となった際は、総合周産期母子医療センターと呼ばれる高度医療施設へ搬送されることもあります。また、分娩施設があるクリニックとないクリニックがあり、出産まで対応できるクリニックかどうかは事前にきちんと確認しておきましょう。

産婦人科専門クリニックで出産するメリット

産婦人科専門クリニックは産婦人科医が個人で開業しているところがほとんどですので、複数の産婦人科医がいたとしても指名できる場合が多く、健診はいつも同じ先生に診てもらえるという可能性が高いのがメリット。

クリニックごとに得意分野や専門分野などの個性があり、出産方法も様々で、通常の分娩台での出産やフリースタイル分娩(妊婦が好きな姿勢をとれる出産)、畳の分娩室があるクリニックもあります。

また、入院中の食事が豪華だったり、妊娠中に参加できる運動のクラスが充実していたりするなどの様々な特色のあるサービスを取り入れているところも。何よりアットホームな雰囲気が魅力的ですね。

産婦人科専門クリニックで出産するデメリット

たくさんのメリットがある産婦人科専門クリニックでの出産ですが、逆にデメリットもあります。たとえば、健診に通っている間に何かしらの合併症が見つかったり、お腹の中にいる赤ちゃんの状態に心配なことが出てきたりした場合、総合病院やNICUが完備されている病院に転院となる場合があります。その場合はいくら希望していても同じクリニックで出産できるとは限らないので、覚えておきましょう。

産婦人科専門クリニックで出産した人の声

アットホームで、小さいクリニックだからこそできるサービスがある。食事がおいしかった。悪い点はなし。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

家の近所で、通院しやすかった。食事も豪華で、産後の疲れをいやしてくれるエステなどもあって良かった。悪かったところは、やはり高額だったところかな……。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

こぢんまりとして、先生の評判も助産師さんの評判もとても良いもので、実際に健診を受けた時にとてもいい感じだったから。悪かったこと……強いて言うなら布おむつだったこと、かな? でも、あまり悪いと感じてないです。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

地元で評判のクリニックだったが、ケアも良ければ入院時の食事もおいしく、全てにおいて満点だった。お医者さまや助産婦さんもとても優しく丁寧で、感じがよかった。悪いところはなにひとつなかった。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

評判が良かったし、ご飯がおいしい。お産が入ると診察が中断されるので、混雑している。入院スケジュールが立て込んでいて、夜は宿直の助産師と看護師が2名しかおらず、不安があった。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

主人が病院のアルコールに対してアレルギーがあり、総合病院を選ぶと来てもらえそうになかったから。評判の良い産院を選んだので、妊娠中も出産時も産後も、良いケアを受けることができた。2度の出産で、違う産院を選んだが、産院ごとに、ケアできることが違うというのがよく分かった。希望するうみ方を尊重してもらい、楽しく無理せず自然に出産できた。けれど、自分が希望することが分かっていないとか、他人任せの場合には、個人産院や助産院は厳しいと感じる人がいるかも知れない。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

自分がうまれた病院で出産しました。地元では昔からある評判のよい産院で、特に食事がおいしかったです。悪かった点は特にありません。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

アットホームな感じが気に入った。うまれてすぐに問題が起きて大病院に転院して、私が退院するまで子どもの様子は又聞き状態。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

実家の近くで、評判の良い産院だったので選びました。とにかく食事が豪華でおいしかったのと、完全個室でゆっくりできた点が良かったです。悪い点は、全くありません。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

メリットは、主人がうまれた時と同じ産院と先生だったので何となく安心感があった。デメリットは、費用が高かったこと。

マイナビニュースより抜粋:https://news.mynavi.jp/article/20170410-a222/

産婦人科専門クリニックの選び方

産婦人科専門クリニックの選び方は、まずは分娩ができるかどうかを確かめ、どういった分娩を希望するか、その希望を叶えてくれるかどうかも確認しておくことが大事です。また、何かあった場合の緊急時には希望する産婦人科専門クリニックでの出産ができない場合もありますので、覚えておいてください。体験談を見ると、地元のクリニックだから近くて安心、などの声が多い一方、問題が起きた時は転院になって子供の様子がわからなかったことや、費用が高いという意見もありました。自分が希望する出産のスタイルがどんなものかをしっかりと考え、豪華な食事をメインにするのか、妊娠中の運動が充実しているところがいいのか、希望は人それぞれです。余裕を持って、自分に合った産婦人科専門クリニックを選ぶようにしましょう。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

分娩方法・バースプランごとに横浜市の産院List Up!
自宅分娩とは?
フリースタイル分娩について
ソフロロジー分娩について
無痛分娩ができる
助産院とは?
総合病院とは?
食事が充実してる
施設が充実・部屋がきれい
和痛分娩について
助産師が多い
座位分娩について
自然分娩でこだわる
水中分娩について
計画分娩ができる
帝王切開ができる