アンケート結果を
今すぐ確認!

【初めての赤ちゃん】沐浴のコツ

公開日: |最終更新日時:

初めて赤ちゃんが生まれる場合、お世話についてわからないことが多いものです。

「赤ちゃんの沐浴ってどうやればいいの?」「注意点やコツについても知りたい」と思っている方もいることでしょう。当記事では、赤ちゃんの沐浴の手順や必要物品をまとめるとともに、コツや注意点についても説明していきます。

この記事を読むと、赤ちゃんの沐浴の方法や必要物品、コツなどについてわかります。

沐浴とは?

沐浴とは、生後間もない赤ちゃんをベビーバスに入れて清潔にすることを言います。38度くらいのお湯や石鹸などを使って優しく汚れを落としていくのです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発でたくさん汗をかくため、清潔にしておかないとあせもや湿疹が生じてしまう可能性があります。また、おしっこやうんちなどでかぶれてしまわないよう沐浴で清潔にしなければなりません。

生まれたての赤ちゃんは抵抗力が弱いので、大人と一緒の浴槽に入ると細菌などに感染するリスクがあると言われています。生後1ヶ月くらいまでは沐浴で対応するようにして、1ヶ月健診で医師に確認をしてから、大人と一緒の入浴に切り替えるとよいでしょう。

沐浴で準備するもの

洗面器とベビーバス

生後1ヶ月位までは、ベビーバスを使用するようにしましょう。 プラスチックの衣装ケースや大きめのたらいを代わりに使用してもよいです。

1ヶ月以降になると、浴槽にいれて入浴するようになりますが、もし大変な場合、ベビーバスを継続して使っても大丈夫なので、やりやすい方法を選ぶようにしましょう。そして、顔を拭くガーゼハンカチを絞るためのお湯を洗面器に入れておきます。

沐浴布とガーゼハンカチ

入浴中に赤ちゃんの体にかけるものです。ガーゼなど優しい素材のものを用意します。ガーゼハンカチは顔や体を洗浄するときに使います。

低刺激タイプの石鹸

固形石鹸やベビーソープを用意しておきます。ポンプ式で泡が出るタイプのものだとより使いやすいので、洗面器の近くに置きましょう。

バスタオルと着替え一式

着替えは、重ねて袖を通しておくとスムーズです。

おむつもしっかりと用意しておき、肌着やベビーウェアのボタンと紐は外して、順番に重ねておくと着せやすくなります。洗い終えた後、体を拭くバスタオルは組んでおいた衣類の上に敷いておくとスムーズに支度を整えられます。

綿棒・ヘアブラシ

着替えの近くに置きます。お臍周囲の水分をとったり、鼻や耳を清潔にしたりするときに役立ちます。

事前に必要なものを近くに揃えておくと、赤ちゃんの湯冷めを防ぐことに繋がり、慌てずスムーズに進めることが可能です。

赤ちゃんの沐浴のコツ

お湯の温度は38℃前後

赤ちゃんを沐浴させるとき、お湯は38℃前後にするとよいでしょう。慣れないうちに自分の感覚で用意すると熱すぎたりぬるくなったりしてしまうため、湯温度計を用意して温度を確認するのがおすすめです。

季節や室温によって温度調節をする必要があります。寒い季節は沐浴槽にお湯をためてもすぐに冷めてしまう可能性があるので、40℃を目安に準備してください。

沐浴の回数と頻度は1日1回

沐浴は、1日1回行うようにしましょう。たくさん汗をかいたときや、おしっこやうんちで汚れたときは1日に数回実施しても問題ありません。

沐浴のタイミング

沐浴をする時間帯は決まっていないので、午前中や午後、お昼寝の前でもよいです。しかし夜遅くだと、赤ちゃんがぐずることに繋がりますので控えたほうがよいでしょう。

ポイントなのが、毎日同じくらいの時間帯に入れるようにすることです。授乳や就寝の時間を軸にして、その前後で入れやすい時間にするなど、生活のリズムをつくるのがおすすめです。

沐浴にかける時間

沐浴すると体力が消耗するため、時間をかけすぎないよう注意が必要です。お湯に浸かるのは5〜7分くらいを目安に考えておくとよいでしょう。

沐浴の順番

赤ちゃんに沐浴布をお湯にいれてあげる

お湯の中に、足の先から静かに入れていき、肩までしっかり浸かるようにしましょう。体に沐浴布をかけると赤ちゃんは落ち着いて入浴でき、体温調節にも役立ちます。

ガーゼでお顔を拭く

お湯にガーゼをつけて軽くしぼり、目から順に拭いていきます。

  • 目:めやにを優しく拭きとり、目尻から目頭に向かって拭きましょう。
  • 顔:額から鼻のわきにかけて、3の字を描くように拭きます。ガーゼは1回ごと、すすぐようにしましょう。
    Tゾーンは特に汚れやすく、発疹が見られやすいです。ゴシゴシ強く擦ると肌が荒れてしまう可能性があるため、よく泡立てた石鹸を用いて、優しく洗い流しましょう。 目や口の中に石鹸が入ってしまわないよう、注意してください。

頭を洗う

手に石鹸をつけてからよく泡立てて、手の平で大きな円を描くイメージで頭を洗っていきます。 その後、お湯をつけて軽く絞ったガーゼで石鹸をしっかり落とします。そして、絞ったガーゼを用いて頭の水分を拭き取りましょう。

体の前側を洗う

首、両手、胸、お腹の順に洗っていきます。その後、両足を洗いましょう。首や足の付け根、膝の裏側などは汚れがたまりやすいので、しっかり洗うようにしてください。

洗うときは、お湯から体が露出しないように、沐浴布をかけながら行ってください。お臍の周囲も優しく洗浄し、足はお湯の中で洗っていきます。

体の後側を洗う

赤ちゃんの首の後ろを左手で支えながら、右手を脇の下に入れてうつ伏せの状態にします。このとき、顔がお湯についてしまっていないか、注意してください。

泡立てた石鹸を使って背中とおしりを洗っていきましょう。おしりは排泄物で汚れやすいため、石鹸を使って丁寧に洗うようにしてください。

もし、うまくうつ伏せにできない場合、背中やおしりに手を入れて洗うとよいです。

体を拭く

全て洗い終えたら、沐浴槽からバスタオルに移動して体を拭きましょう。このとき、ゴシゴシこすらずに、優しく包み込むように拭きます。体の水気を拭き取ったあと、オムツをあてます。そして、綿棒やタオルの端を使って、お臍周りの水気も拭き取りましょう。

洋服を着せる

体を拭いたら、洋服を着せていきます。その後、綿棒を使って鼻や耳を清潔な状態にしておきます。最後に、ヘアブラシで髪を整えて終了です。沐浴後は、母乳やミルクを飲ませるようにしてください。

赤ちゃんの沐浴で注意

沐浴をする前に、赤ちゃんの様子をしっかりと確認してからにするのがおすすめです。赤ちゃんが「いつもより何となく元気がない」と感じた場合、体温を測定して発熱があるときは沐浴は控えた方がよいです。母乳やミルクの飲みが悪いときも沐浴は控えておくのが無難でしょう。

授乳前や授乳直後も避けるようにして、哺乳から30分ほど空けるようにしてください。前述した通り、赤ちゃんの生活リズムを整えるため、毎日なるべく同じ時間帯に入れるようにしましょう。

沐浴する前には、室温やお湯の温度もチェックしておくようにしてください。

まとめ

生まれて間もない赤ちゃんは、細菌などに対する抵抗力が弱いため、ベビーバスに入れて清潔にすることが大切です。石鹸やガーゼハンカチ、着替えなどあらかじめ必要なものをすべて揃えておくと、沐浴後に慌てることなく支度を整えられます。

赤ちゃんの沐浴は何度も行ううちに上達していきますが、不安な場合、母親学級に参加して手順を学ぶことができるので、ぜひ足を運んでみるとよいでしょう。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

新米ママ・パパ必見!子育てに関するQ&A
赤ちゃんの一人遊び
新米ママにおすすめの便利グッズ
赤ちゃんの寝かしつけのコツ
赤ちゃんに与えるミルクの適切な量は?
新米ママの悩み
赤ちゃんの正しい抱っこの方法について
パパ見知りを解消するには?

横浜市の産婦人科を探す