アンケート結果を
今すぐ確認!

妊娠22wにも壁がある?

公開日: |最終更新日時:

ここでは、妊娠22w について解説しています。この言葉を耳にしたことのある方もいると思いますが、どのような意味をもつのでしょうか。また、22週のころの赤ちゃんの様子やママの体の変化なども、あわせて紹介していきます。

妊娠22wの壁とは

ネット検索をすると22wの壁という表現がみうけられますが、医学的には、そういった言葉は使用されていないようです。22wの壁とは、妊娠22週を流産と早産の堺を意味しており、妊娠22週未満であれば流産、そして22週以降であれば早産、となるわけです。22週目以降といっても、まだママのお腹の中から生まれてくるには早すぎるのですが、新生児治療の対象になることが、その理由となっています。

22wの赤ちゃんの様子

22wのころの赤ちゃんは、だんだんと顔立ちがはっきりしてくる時期にあります。皮膚はやや透けているようにみえますが、厚みも出てきています。さらに、眉毛やまつ毛が生えてくるので、上下それぞれのまぶたも整います。また爪もできあがり始めます。

また、このときまでには呼吸器もだいぶ発達していますが、吸った酸素を血液中に送るための機能はまだ完成していません。もちろん、ママのお腹の中で、胎盤からお臍をつうじて酸素が運ばれるので、問題ありませんね。また、その他の各器官についても、徐々に完成形に近づいているところです。

妊娠22wママの体の変化

妊娠22wごろのママの体には、どのような変化があるでしょうか。胎児が急に大きくなってくるため、変化も大きなものとなります。

胎動を感じる

赤ちゃんの骨・筋肉が発達してくるので、大きく動くことができるようになり、ママはその体動をはっきりと感じられるようになります。胎動を感じると、お腹のなかに子どもがいるという実感が強くなり、絆もより一層深まるでしょう。

食欲が増加する

食欲が旺盛になることも、22wのころにみられる変化です。つわりの症状がなくなることが、その主な理由になっています。ただ、あまり急に体重が増加すると、膝痛や腰痛、妊娠高血圧症候群などの原因になりかねませんので、注意が必要です。毎日体重をはかることで、体重が増加していく状態を自覚しやすくなります。急激な体重増加を防ぐのにおすすめです。

乳房が発達する

エストロゲンおよびプロゲステロンの分泌が増えるため、乳房が発達します。また、色素沈着によって乳輪が黒ずんでくるのも、22w頃にみられる変化です。

体の重心が変わる

赤ちゃんがぐんぐん成長していく時期なので、お腹もかなり大きくなっていきます。そのため、体の重心が変化します。不慣れな重心は日常生活におけるトラブルにつながる可能性があります。特に注意したいのが、転倒です。バランスをとるのが難しいので、どうしても転倒しやすくなるのです。バランスをとりやすい靴を履くなどの工夫をすることをおすすめします。

また、腰や背骨にも負担がかかります。反り腰などにもなりやすいです。ですので、もともと腰痛がある方は、早めに妊婦用のベルトで固定しておくようにするとよいでしょう。

まとめ

妊娠22週目というと、妊娠生活にもだいぶ慣れてくる頃かもしれません。もちろん、赤ちゃんが急激に成長する時期でもあるため、身体の変化も大きいですが、妊娠しているという実感が強まり、赤ちゃんとの絆が生じ、より一層の幸せを感じられる方も多いのではないでしょうか。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
切迫早産とは?どんな状態のこと?早産との違い
横浜市の子育て支援制度
妊娠中の食べづわり
両親学級にいこう
里帰り出産の流れ

横浜市の産婦人科を探す