ランキングを
今すぐ見てみる!
横浜市のおすすめ分娩施設・産婦人科 » 横浜市の出産に関するマメ情報 » 妊娠3ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状

妊娠3ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状

公開日: |最終更新日時:

妊娠3ヶ月目となると、赤ちゃん、母体ともに変化や成長が大きくなってきます。赤ちゃんはぐんぐん成長し、お母さんの体はそれに合わせて変化し、つわりも強くなってくるのです。ここでは、そんな妊娠3ヶ月目の赤ちゃんとお母さんの体について見ていきましょう。

妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子は?

妊娠8週

妊娠8週からは、赤ちゃんの原型とも言える状態だった「胎芽」から、いよいよ「胎児」へと成長していきます。超音波写真で見てみると、まだ二頭身ではあるものの、丸い頭と細長い胴体がわかるでしょう。また、心臓の拍動もわかるようになります。

妊娠9週は、体に大きな変化が訪れる時期です。それまではまだ原型の段階だった脳や心臓、肺や腎臓といった主要な臓器が、だんだん基本的な形になっていきます。

妊娠9週

妊娠9週になると、赤ちゃんの体つきはだんだん人間らしい形になっていきます。それまで棒状だった手足も関節がわかるようになり、上腕、前腕、手指の区別が次第についていくのが大きな特徴です。

妊娠9週は骨が少しずつできてくる時期でもあります。骨の形成がまだ未熟なうちは超音波写真でもはっきりとは見えず、ぼんやりとかすんだ状態ですが、骨ができてくると超音波写真で白く見えるようになってくるのです。

妊娠10週

妊娠10週になると、赤ちゃんはいよいよ自分で動くようになってきます。また、手足もさらに成長していき先端が枝分かれして指の形になっていくのです。なお、手の指のほうが足の指よりも先に形になっていきます。

この時期は、赤ちゃんが歩く動作を示す時期です。赤ちゃんは両足を交互に出して、まるで歩いているような動作を行っています。これは「原始歩行」と呼ばれる動作で、赤ちゃんの持つ中枢神経がかんたんな反射ができるようになることによるものです。

妊娠11週

妊娠11週となると、顔立ちもだんだんできてきます。目にはまぶた、耳には耳たぶ、口には唇ができてきて、鼻も形がはっきりしていく時期です。さらに下顎や頬も発達していくので、妊娠初期の8週目と比べると、かなり人間としての形に近づいてきたと言えるでしょう。また、外性器が出来上がるのもこの時期です。

参照元:ムーニー(https://jp.moony.com/ja/tips/pregnancy/pregnancy/hyakka/pt0030.html)

妊娠3ヶ月妊婦さんの体の様子

つわりがつらい時期

お腹の中の赤ちゃんが成長していくにつれて、お母さんの体への負担も大きくなります。もちろん個人差はあるものの、一般的にはつわりがピークを迎えるのは妊娠8週~11週です。

つわりの原因ははっきりとはわかっていません。主な原因は、妊娠後に大量に分泌されるhCGというホルモン、あるいは精神的なストレスによる自律神経の乱れだと考えられています。

つわり対策

つわりの程度や症状は個人差が大きいため、その対策も一概にこれが有効であるとは言えません。自分に合った対策を立てていく必要があるのです。

まず、日々の食事についてですが、無理に食事量を増やす必要はありません。赤ちゃんは自分に必要なエネルギーを母体から供給することができるので、食欲が落ちたからといってお母さんが無理たくさん食べる必要はないのです。また、栄養バランスも妊娠初期では過度に気にする必要はありません。

つわりの吐き気を誘発するものとして、料理の湯気や匂いがあります。したがって、妊娠中は自分で料理はしないほうがいいでしょう。また、自分で食べる際も料理は湯気や匂いが強くならないように冷蔵庫で冷やすか常温で食べるようにするのも有効です。

水分補給については、水を一気に飲むと吐き気を誘発するので避けましょう。代わりに氷を口に含んで口の中で溶かすことで水分補給を行います。人によりますが、炭酸水や経口補水液も有効です。

妊娠中には、歯ブラシを口の中に入れると吐き気をもよおすことがあります。そうした場合は、口内洗浄液などを使って口の中を清潔に保ちましょう。また、人によっては歯磨きガムも有効です。

便秘対策

つわりと並んで妊娠中の大きな問題となるのが便秘です。つわりがある期間は食事の量が減りがちなので、水分を取る量が少なくなり、便秘が多くなります。便秘が頑固な状態になると、今度は痔になってしまうので、便秘の対策も非常に重要です。

対策としては、朝起きたときに冷たい水や牛乳を飲む、便意を感じたら我慢せずすぐにトイレに行く、繊維質を多く含んだ食事を摂る、適度に体を動かす、便秘が長期間続く場合は病院で緩下剤を処方してもらうなどがあります。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
産後ケア(産褥ケア)とは?
産後の悪露
出産の計画を立てるバースプランとは?
妊婦検診を受けよう
にんしんSOSヨコハマに相談してみよう
出産前に準備するもの
陣痛はどれくらい痛いの?
分娩の種類
妊娠中のダイエット食
後陣痛とは
ウェルカムベビープロジェクト
気をつけたい妊娠性歯肉炎とは?
妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠中のむくみの原因と対策
立ち合い分娩
吸引分娩とは?
妊娠7ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠報告をするタイミングとは
産後の食事について
夜泣きが起きる原因とその対処方法
妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離
お七夜とは
分娩の流れ
妊娠中に起こりやすいトラブル
両親学級にいこう
妊娠中におすすめの食べ物
出産時・分娩時の呼吸法
妊娠中の悩み
2人目の産院選びで気を付けることは?
万が一に備えた自己血貯血について
神奈川県内初の新生児聴覚検査の費用助成
横浜市産後母子ケア事業について
妊娠・出産にかかる費用の平均額
おむつ自動販売機
産後のむくみはなぜ起きるの?
横浜市の子育て支援について
妊娠9ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
出産前にパパがやること
妊娠時に足がつる!こむら返りの原因・対策法
母子手帳をもらうには
妊娠8ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
出産前後にやっておきたい手続き
妊娠4ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊婦さんにおすすめのおやつ
妊娠中に気をつけたいこととは?
LDRでの出産
起きるかもしれない癒着胎盤について
里帰り出産の流れ
横浜市で出産した場合に受けられる支援
妊娠6ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状