ランキングを
今すぐ見てみる!
横浜市のおすすめ分娩施設・産婦人科 » 横浜市の出産に関するマメ情報 » 妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離

妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離

公開日: |最終更新日時:

常位胎盤早期剥離は赤ちゃんだけでなく、母体の命にも関わる妊娠中のトラブルです。常位胎盤剥離について、詳しくまとめました。

常位胎盤早期剥離とは?

常位胎盤剥離は、子宮と胎盤が出産より前に剥がれてしまう病気です。上位胎盤剥離を引き起こすと、子宮を通して送られる栄養を届けられないため、赤ちゃんが酸素不足や栄養不足を引き起こします。母体は大量出血するため、母子ともに危険な状態に陥るのです。常位胎盤早期剥離により、約2~3割の赤ちゃんが命を落としてしまうとも言われています。

常位胎盤早期剥離は、誰にでも起こりうる病気です。高血圧の方や前期破水している場合、また喫煙が要因ともいわれていますが、はっきりとした原因がわかっていません。一度発症すると、次回以降の妊娠でも発症する可能性が高いため、注意が必要です。

常位胎盤早期剥離の症状

以下の症状は、常位胎盤早期剥離の主な症状です。

  • 出血がある
  • お腹が張りが持続的にある
  • お腹が痛い
  • 赤ちゃんの胎動が減った
  • 腰痛
  • めまい
  • 便意がある

妊娠中によくありがちな症状なため、見逃してしまうこともあるかもしれません。特に胎動が減った場合、注意が必要です。赤ちゃんが寝ているときもありますが、自分がリラックスしているときに動きを確認すると◎!出血症状で「何かあったかもしれない」と思い早めに受診する妊婦さんが多く、早期発見につながっているようです。出血に限らず、いつもと様子が違ったり少しでも不安を感じたりなど、異変を感じた場合は、すぐに担当医に相談しましょう。

常位胎盤早期剥離の検査

常位胎盤剥離は、妊娠28週〜34週頃がピークと言われています。常位胎盤早期剥離が疑われる場合、まずは超音波検査で胎盤の様子を確認。その後、NST検査で赤ちゃん・母体の容態を確認します。

参照元:たまひよ(https://st.benesse.ne.jp/ninshin/content/?id=34983)

常位胎盤早期剥離を発症したら

常位胎盤早期剥離になってしまったら、一刻も早く帝王切開で赤ちゃんを取り出します。一度発症すると進行が早いため、早急対応が必要です。36週を過ぎている場合、出産予定のクリニックで手術可能です。それ以外の場合はNICUが完備されている、大きな施設に搬送されます。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
出産前に準備するもの
万が一に備えた自己血貯血について
横浜市の子育て支援制度
神奈川県内初の新生児聴覚検査の費用助成
立ち合い分娩
吸引分娩とは?
陣痛はどれくらい痛いの?
起きるかもしれない癒着胎盤について
妊娠・出産にかかる費用の平均額
両親学級にいこう
ウェルカムベビープロジェクト
横浜市産後母子ケア事業について
横浜市の子育て支援について
産後ケア(産褥ケア)とは?
LDRでの出産
産後の悪露
妊娠中におすすめの食べ物
妊娠中の悩み
妊婦検診を受けよう
分娩の流れ
夜泣きが起きる原因とその対処方法
出産前後にやっておきたい手続き
後陣痛とは
にんしんSOSヨコハマに相談してみよう
2人目の産院選びで気を付けることは?
おむつ自動販売機
出産時・分娩時の呼吸法
妊娠報告をするタイミングとは
分娩の種類
里帰り出産の流れ
出産前にパパがやること
妊娠中に気をつけたいこととは?
横浜市で出産した場合に受けられる支援
横浜で赤ちゃん連れで遊べる場所【室内・室外】
出産の計画を立てるバースプランとは?
産後の食事について
妊婦さんにおすすめのおやつ
母子手帳をもらうには
出生届けの出し方
妊娠中に起こりやすいトラブル
お七夜とは
妊娠中の食べづわり
分娩の予約はいつする?
妊娠中のダイエット食
【横浜の方必見!】山下公園にあるハッピーローソンとは?
気をつけたい妊娠性歯肉炎とは?
妊娠時に足がつる!こむら返りの原因・対策法
産後のむくみはなぜ起きるの?