アンケート結果を
今すぐ確認!
横浜市のおすすめ分娩施設・産婦人科 » 横浜市の出産に関するマメ情報 » 妊娠中に血糖が高くなる妊娠糖尿病とは

妊娠中に血糖が高くなる妊娠糖尿病とは

公開日: |最終更新日時:

妊娠中に血糖値が上手くコントロールできなくなり、初めて糖代謝異常であると発見されることを妊娠糖尿病といいます。妊娠糖尿病は母子ともに合併症など影響を受けるため、早期発見と早期治療が重要となります。この記事を読むと、妊娠糖尿病の症状や合併症、なりやすい体質などがわかります。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、妊娠中に血糖値のコントロールが上手くできなくなってしまい、「初めて発見された糖代謝異常状態」のことです。コントロールが効かなくなり血糖値が高くなり過ぎると、様々な病気を引き起こしてしまう可能性があります。以下の場合、妊娠糖尿病には含まれません

  • 妊娠前からすでに糖尿病と診断されている場合
  • 妊娠中に明らかな糖尿病と診断された場合

上記は妊娠糖尿病より重度な状態なため、厳密な血糖管理が必要となります。網膜症や腎症などの糖尿病の合併症がある場合でも健康な赤ちゃんを出産するためには、母子の健康状態や病状の進行具合など、現在の状態への評価を行ったうえで計画的妊娠を行うことが非常に重要となります。

妊娠糖尿病になるとおこる合併症

血糖値が高くなると血管がもろくなり、目の網膜や腎臓など小さな血管の集まる臓器に影響を及ぼします。その中でも妊娠中に最も影響が及ぶのが胎盤です。

血糖が高いだけなら赤ちゃんは巨大児となり難産、胎盤がもろくなってしまうと発育不全で未熟児となります。 妊娠糖尿病になると母親だけでなく、お腹の中の赤ちゃんも以下のような合併症を引き起こすため、血糖管理が非常に重要となります。

  • 母親:妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、網膜症・腎症およびそれらの悪化など
  • 赤ちゃん:流産、先天奇形、巨大児、心臓肥大、低血糖、多血症、電解質異常、呼吸障害、胎児死亡、将来肥満や糖尿病を発症する可能性が高くなる

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は自覚症状がほとんど出ません。しかし、妊娠中や出産時、出産後に母親や赤ちゃんにとって生命の危険を引き起こす恐ろしい病気なので、定期健診を指示された場合、予定通り受けることで早期発見できるようにしましょう。

妊娠糖尿病の原因は?

通常インスリンというホルモンが適切数値になるよう体内の血糖を管理しています。しかし、妊娠中は胎児へ多くのエネルギーを送るため、インスリンの働きを抑制しようと脂肪組織からサイトカインが分泌されるため、肥満の人は糖尿病になりやすくなっています。

また、胎盤から分泌された酵素もインスリンの働きを抑制します。そのため、妊婦は通常時に比べると脂肪がつきやすく、血糖値が上がりやすい状態になっています。

サイトカインと胎盤からの酵素が必要以上に分泌された場合、抑制が強すぎてインスリンが適切に血糖値を抑えることができなくなり、妊娠糖尿病を発症します。高血糖値は母親だけでなくお腹の子供にまで悪影響を及ぼし非常に危険ですが、原因は「妊娠状態」なので、出産後に症状が収まっていることが多いです。

妊娠糖尿病になる可能性がある体質

日本人は妊娠糖尿病になりやすいといわれており、妊娠糖尿病になる可能性がある体質は以下の通りです。

    【妊娠する前】
  • 家族に糖尿病の人がいる
  • 肥満
  • 35歳以上
    【2回目以降の妊娠時】
  • 4000g以上の赤ちゃんを出産したことがある
  • 原因が不明な流産、早産、死産の経験がある
  • 奇形児出産経験
    【今回の妊娠】
  • 体重が増えすぎていると診断された
  • 赤ちゃんが大きい
  • 羊水が異常に多い
  • 妊娠高血圧症候群、もしくは過去に既往がある
  • おしっこの検査で、何回もおしっこに糖が出ている

妊娠糖尿病は遺伝する?

糖尿病は「なりやすい遺伝的素因」や「膵β細胞の脆弱性」により遺伝します。しかし妊娠糖尿病は糖代謝異常状態なだけであり、糖尿病ではありません。そのため、母親が妊娠糖尿病になったとしても、生まれてくる子供もそうなるとは限りません。

妊娠糖尿病は予防できる?

妊娠糖尿病は日頃からの予防と早期発見が重要です。妊娠糖尿病は遺伝的な糖代謝異常だけでなく、肥満による脂肪細胞のインスリン抑制がきっかけとなって発症する可能性もあります。

そうならないために、妊娠中は強い食欲に襲われても、適正なエネルギー量でバランスの取れた食生活を心がけて、妊娠糖尿病を予防しましょう。妊娠中の適正なエネルギー量は以下の式で求められます。

身長(m)×身長(m)×22=標準体重(kg)
標準体重(kg)×30kcal+付加量=適正エネルギー量(kcal)

    【付加量】
  • 妊娠初期(16週未満) 50kcal
  • 妊娠中期(16~28週未満)250kcal
  • 妊娠後期(28週以降) 450kcal

たとえば、身長162cm 妊娠20週を迎える母親の場合、適正エネルギー量は1,981kcalになります。

1.62(m)×1.62(m)×22=57.7368=57.7(kg)
57.7(kg)×30(kcal)+250(kcal)=1981(kcal)

また、妊娠糖尿病は早期発見が重要です。赤ちゃんへの影響が出る前に発見できるよう、妊婦検診を必ず指示されたスケジュールで受けるように心がけましょう。

妊娠糖尿病の診断方法

妊娠糖尿病の主な検査方法は血液検査による血糖測定です。

  • 随時血糖:食事を摂取状態で測定
  • 空腹時血糖:食事未摂取状態で測定

血液検査後、スクリーニング検査を経て診断のための検査を行います。 スクリーニング検査は、妊娠初期に陰性でも妊娠の進行により妊娠糖尿病の可能性がある全妊婦を対象とした検査です。

妊娠初期の随時血糖95mg/dl以上、妊娠中期のグルコースチャレンジテスト140mg/dl以上の場合陽性と判断され、「診断のための検査」へと進みます。

診断のための検査では75gブドウ糖負荷試験を行います。2010年7月に基準が改定され、以下の項目の内1つ以上を満たした場合、妊娠糖尿病と診断されることになりました。

  • 空腹時血糖:92mg/dl以上
  • 1時間後の血糖:180mg/dl以上
  • 2時間後の血糖:153mg/dl以上

7~9%の妊婦は妊娠糖尿病と診断されるため、きちんと検査を受けましょう。特に肥満や高年齢妊娠、巨大児出産経験済みなどの人はハイリスクなので必ず検査を受けるようにしましょう。

妊娠糖尿病と診断されたら気を付けること

妊娠糖尿病と診断されたら気を付けることは、自分自身の血糖値と自分自身の状態です。

血糖の動きは個人差が大きく、一日の中でも大きく変動します。血糖を適切にコントロールするためには、血糖の動きをチェックし、把握する必要があります。そのためには病院へ行き、頻回の血糖測定が必要なのですが、手軽に自宅で測定するのに役立つのが「血糖自己測定器」です。

血糖自己測定を行う事で自分自身の一日の血糖変化を詳しく知ることができれば、それを参考に食事療法・運動療法・薬物療法を適切化し、理想的な血糖値により近い健常妊婦さん状態へとコントロールすることができるでしょう。

血糖値を正確に把握するためには、だいたい毎食前の2時間と毎食後の2時間の合計6回、必要時は寝る前を含めた7回行います。ただし、測定回数は血糖コントロール状態によって個人差があるので、主治医の指示に従いましょう。

妊娠糖尿病と診断されたら、妊娠中の血糖値をしっかり把握し、それを参考に食事療法・運動療法・薬物療法を行って血糖を健常妊婦さんに近い状態にコントロールすることが大切です。自己血糖測定とは、患者さん自身が血糖を測ることです。それにより、血糖のコントロールがうまくいっているかどうかチェックしていきます。

妊娠糖尿病と診断されたら出産の時に気を付けること

妊娠糖尿病と診断された場合、出産6~12週間後に治っているか評価してもらいましょう。この時治っていても、妊娠糖尿病になった人はなったことのない人に比べて、約7倍の高頻度で糖尿病になるため、退院後も定期的な検診と食事や運動などのライフスタイルに気をつけましょう。

妊娠糖尿病の治療で、起こる可能性がある低血糖とは?

妊娠糖尿病になると、高血糖状態をコントロールするために、インスリン注射を行います。そうすると血糖が必要以上に下がりすぎてしまい、低血糖になる可能性があります。低血糖になっても適切な対応をしない場合、危篤症状になるので素早く対応しましょう。

低血糖の初期症状

低血糖の症状は極めて個性的で個人差が大きくなります。そのため、誰でも同じように順序良く症状がでるわけではありません。以下のような初期症状が出たらサインを軽視せずに、早めの対応をしましょう。

  • 変な汗が出る
  • 手足のふるえや動悸
  • 異常な空腹感
  • 体が熱く感じるなど

意識障害

初期症状になっても糖分を摂取せず、何をしないでいると以下のような状態になります。

  • 身体に力が入らず脱力
  • 眠気や疲労感
  • 集中力低下
  • 物が二重に見えるなど

自分だけではどうすることも、ブドウ糖を摂取しに行くこともできず悪化し続け、意識障害を引き起こしてしまいます。

低血糖昏睡

意識障害を引き起こし、低血糖昏睡状態になると意識がない状態なので救急車を呼ぶなどの早めの対応が肝心となります。長時間未対応だと赤ちゃんにも影響を与えてしまう可能性があるからです。低血糖昏睡にまでなるのは珍しいケースですが、その場合備えと早めの対応を心がけましょう。

低血糖が起きた時の対処法

低血糖が起きた時の対処法として以下の方法がオススメです。

  • 血糖値測定を行い、振り返りに役立てる
  • ブドウ糖(グルコースサプライを2個(約10g、約40cal))または糖分約10gを摂取
  • いつでもどこでもブドウ糖や糖分をすぐに摂取できるよう、財布の中などに備えておく
  • 家族や職場の人にも低血糖であることを知っておいてもらう

低血糖は最悪命の危険もあるので、自分自身だけでは対処できなくなる前に、周囲の人間に打ち明けるようにしましょう。

また、血糖測定器を持っていてすぐに測定できる場合、現在の測定値を把握することができますが、低血糖が起きた時の緊急対処法に適合するのは糖分摂取です。どうしても近くに砂糖など糖分がない場合は市販のジュースを摂取して低血糖の危険を回避しましょう。

まとめ

妊娠糖尿病になると、糖代謝異常により母親だけでなくお腹の子供まで様々な合併症を引き起こし、将来糖尿病になる可能性が高くなります。血糖数値が正常になるためには、適切な検査と早期発見、対処法が重要となります。妊娠糖尿病になってしまったら、早めに医師へ相談しながら治療を行いましょう。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
妊娠したかも?初期にやること
吸引分娩とは?
分娩の予約はいつする?
妊娠中の悩み
横浜市で出産した場合に受けられる支援
出生届けの出し方
ウェルカムベビープロジェクト
2人目の産院選びで気を付けることは?
妊娠中に気をつけたいこととは?
産後のむくみはなぜ起きるの?
横浜市の子育て支援制度
分娩の種類
妊娠4ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
産後の食事について
妊娠中の食べづわり
妊娠8ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠中におすすめの食べ物
にんしんSOSヨコハマに相談してみよう
妊娠2ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
陣痛はどれくらい痛いの?
妊娠6ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠中に起こりやすいトラブル
おむつ自動販売機
両親学級にいこう
妊娠中のむくみの原因と対策
起きるかもしれない癒着胎盤について
産後の悪露
お産が進まない微弱陣痛とは?対処法はあるの?
横浜市産後母子ケア事業について
妊娠報告をするタイミングとは
妊婦検診を受けよう
【横浜の方必見!】山下公園にあるハッピーローソンとは?
万が一に備えた自己血貯血について
横浜市の子育て支援について
LDRでの出産
妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離
妊娠3ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠10ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
お七夜とは
立ち合い分娩
気をつけたい妊娠性歯肉炎とは?
夜泣きが起きる原因とその対処方法
妊娠時に足がつる!こむら返りの原因・対策法
里帰り出産の流れ
出産前にパパがやること
横浜で赤ちゃん連れで遊べる場所【室内・室外】
神奈川県内初の新生児聴覚検査の費用助成
後陣痛とは
妊娠9ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状
妊娠7ヶ月赤ちゃんの成長と妊婦さんの症状

横浜市の産婦人科を探す