アンケート結果を
今すぐ確認!

妊娠したかも?初期にやること

公開日: |最終更新日時:

はじめての妊娠は、準備やスケジュールなどわからないことが多いものです。

「妊娠初期ってどんな準備をするの?」「食べるもので制限があるのか知りたい」と思っている方もいることでしょう。当記事では、妊娠初期に準備することや母子手帳をもらいに行くタイミング、食べてはいけないものなど説明していきます。

この記事を読むと、妊娠初期の準備や検査スケジュール、食べてはいけないものなどわかります。

妊娠の確認を行う

市販の妊娠検査薬を試してみて陽性が出た場合、産婦人科を受診して妊娠しているか確認してもらうことが大切です。

妊娠検査薬は妊娠の可能性をチェックできるものであり、正常に妊娠しているかどうかは産婦人科で検査と診察を受けなければわかりません。

受診は、次の生理開始予定日の1~2週間後くらいを目安にするとよいでしょう。早すぎると、赤ちゃんの姿を確認できず、再度受診し直さなければならないからです。

胎嚢は妊娠5~6週までに確認され、妊娠6~7週には胎児心拍動が確認できると言われています。

母子手帳をもらいに行く

手帳をもらうタイミングですが、厚生労働省では妊娠11週までに母子手帳をもらうことを勧奨しています。赤ちゃんの心拍が確認される妊娠6~11週頃に母子手帳をもらう方が多い傾向にあります。

妊娠初期は不安定な状態なので、心拍の確認が取れてからが手帳を交付してもらうのがよいかもしれません。母子手帳をもらいに行くと、「妊婦健康診査受診票」が発行されますが、これは妊婦健診にかかる費用が一部補助されます。

出産予定日を確認する

出産予定日は、妊娠0週0日から数えて280日後です。妊娠0週0日とは「最後の生理が始まった日」のことを言います。 受診した時に確認することになるため、だいたいの生理周期や最終月経を把握しておくとよいでしょう。

里帰り出産を検討する

里帰り出産のメリットはなんといっても、両親のサポートを得られることにあります。初めての育児は慣れないことが多いものですが、親のサポートを受けられると心強いことでしょう。

里帰りを希望する場合、出産する病院やクリニックを決めるなど、早めに準備を始めなければなりません。妊娠初期、体調を見ながら準備を進めていくとよいでしょう。

出産する病院&参院を探し始める

里帰りすると決めた場合、出産するクリニックや病院を探しましょう。出産できる施設は上記のほかに、診療所や助産院なども挙げられます。施設を選ぶには、費用やアクセス、施設の充実度、口コミ評判など総合的にみて決めていくとよいでしょう。

持病がある方や多胎妊娠の場合、NICUが併設されている大きな病院で出産を勧められるケースもあるため、医師にしっかり相談していくのが望ましいです。

妊娠初期(16週)までの検査スケジュール

ここでは、検査スケジュールについて詳しく説明していきます。

妊婦健診の頻度について

横浜市の産婦人科を探す