ランキングを
今すぐ見てみる!

妊娠中のダイエット食

公開日: |最終更新日時:

妊娠中のダイエット食のポイントは?

妊娠中、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまった…と言う人もいるでしょう。こちらのページでは、妊娠中のダイエット食についてポイントを紹介します。

野菜たっぷりのスープを飲んで満足感を得る

食事の最初に野菜たっぷりのスープを飲むことは、胃を膨らませて食べすぎないテクニックとしてはかなりおすすめです。ただし、クリーム系のスープにしてしまうとカロリーはグッと上がってしまいますので、注意が必要です。トマトスープといった、さっぱり系のスープがおすすめです。

生野菜サラダを食べる

生野菜はかさがあるので、見た目にも量が多くなります。視覚も満腹中枢を刺激する重要な要素ですから、工夫をしてみましょう。生野菜ならたくさん食べてもカロリーは低いので安心できます。ただし、ドレッシングやマヨネーズは高カロリーになりがちなので、注意しましょう。梅干しやなめたけなど味の付いたものをドレッシング代わりにするとカロリーも抑えられて、満腹感も得やすいでしょう。ただし、塩分過多になりすぎないように注意しましょう。

赤身の肉を食べる

妊娠中は良質のタンパク質を摂ることが大切です。タンパク質をしっかりと摂るのに適しているのがお肉。しかし、脂身が多いとカロリーが高くなってしまいます。できるだけもも肉など、脂身の少ない部位を選んでください。鶏肉なら、胸肉やササミがおすすめです。

妊娠中のダイエット食で気を付けるべき点

高カロリーの食べ物

妊娠中は高カロリーの食べ物に注意が必要です。どれくらいのカロリーがあるのかをなるべく確認してから食べるようにしましょう。

おやつの食べ過ぎ

妊娠中でもおやつは食べても大丈夫ですが、食べ過ぎは禁物。おやつは1日に200キロカロリー程度に抑えてください。

糖質や脂質をカットしすぎる

ダイエットを意識するあまり、過剰に糖質や脂質をカットしてしまうことがありますが、これは危険です。脂質も糖質も人間に必要な基本栄養素ですから、過剰にならない程度に十分に摂取する必要があります。

妊娠中に太りやすくなる原因は?

食べづわり

食べづわりは、空腹時に起こることが多く、食べると収まります。このため食べすぎになることがあります。食べるものをなるべく低カロリーのものにしておきましょう。

運動不足

妊娠中は周囲が気を使って身の回りのことをしてくれる場合もあるでしょう。そのため、いつもより動く機会が減り、運動不足になってしまうこともあります。妊娠中も無理のない範囲で、体を動かすことが大切です。適度に軽い運動と食事量で体重を調整しましょう。

妊娠中のダイエット食についてまとめ

妊娠中は、食べづわりや運動不足によって太り過ぎになることがあります。これを予防するには、食事の工夫が重要。野菜をたくさん食べたり、高カロリーのものを避けるなどしてください。

関連ページ

よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

横浜市の出産に関するマメ情報
ウェルカムベビープロジェクト
おむつ自動販売機
夜泣きが起きる原因とその対処方法
横浜市の子育て支援について
産後のむくみはなぜ起きるの?
神奈川県内初の新生児聴覚検査の費用助成
出産前後にやっておきたい手続き
産後ケア(産褥ケア)とは?
妊娠中に起きるかもしれない常位胎盤剥離
妊娠中の食べづわり
妊娠中の悩み
LDRでの出産
陣痛はどれくらい痛いの?
立ち合い分娩
妊婦さんにおすすめのおやつ
妊娠中に起こりやすいトラブル
妊婦検診を受けよう
気をつけたい妊娠性歯肉炎とは?
妊娠中におすすめの食べ物
万が一に備えた自己血貯血について
横浜市産後母子ケア事業について
吸引分娩とは?
横浜市で出産した場合に受けられる支援
お七夜とは
分娩の流れ
里帰り出産の流れ
妊娠時に足がつる!こむら返りの原因・対策法
妊娠中に気をつけたいこととは?
産後の食事について
妊娠報告をするタイミングとは
出生届けの出し方
2人目の産院選びで気を付けることは?
分娩の予約はいつする?
産後の悪露
出産前にパパがやること
【横浜の方必見!】山下公園にあるハッピーローソンとは?
起きるかもしれない癒着胎盤について
母子手帳をもらうには
横浜市の子育て支援制度
出産の計画を立てるバースプランとは?
横浜で赤ちゃん連れで遊べる場所【室内・室外】
妊娠・出産にかかる費用の平均額
出産前に準備するもの
両親学級にいこう
出産時・分娩時の呼吸法
後陣痛とは
にんしんSOSヨコハマに相談してみよう
分娩の種類