ランキングを
今すぐ見てみる!

妊娠中のダイエット食

妊娠中のダイエット食のポイントは?

妊娠中、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまった…と言う人もいるでしょう。こちらのページでは、妊娠中のダイエット食についてポイントを紹介します。

野菜たっぷりのスープを飲んで満足感を得る

食事の最初に野菜たっぷりのスープを飲むことは、胃を膨らませて食べすぎないテクニックとしてはかなりおすすめです。ただし、クリーム系のスープにしてしまうとカロリーはグッと上がってしまいますので、注意が必要です。トマトスープといった、さっぱり系のスープがおすすめです。

生野菜サラダを食べる

生野菜はかさがあるので、見た目にも量が多くなります。視覚も満腹中枢を刺激する重要な要素ですから、工夫をしてみましょう。生野菜ならたくさん食べてもカロリーは低いので安心できます。ただし、ドレッシングやマヨネーズは高カロリーになりがちなので、注意しましょう。梅干しやなめたけなど味の付いたものをドレッシング代わりにするとカロリーも抑えられて、満腹感も得やすいでしょう。ただし、塩分過多になりすぎないように注意しましょう。

赤身の肉を食べる

妊娠中は良質のタンパク質を摂ることが大切です。タンパク質をしっかりと摂るのに最適なものがお肉。しかし、脂身が多いとカロリーが高くなってしまいます。できるだけもも肉など、脂身の少ない部位を選んでください。鶏肉なら、胸肉やササミがおすすめです。

妊娠中のダイエット食で気を付けるべき点

高カロリーの食べ物

妊娠中は高カロリーの食べ物に注意が必要です。どれくらいのカロリーがあるのかをなるべく確認してから食べるようにしましょう。

おやつの食べ過ぎ

妊娠中でもおやつは食べても大丈夫ですが、食べ過ぎは禁物。おやつは1日に200キロカロリー程度に抑えてください。

糖質や脂質をカットしすぎる

ダイエットを意識するあまり、過剰に糖質や脂質をカットしてしまうことがありますが、これは危険です。脂質も糖質も人間に必要な基本栄養素ですから、過剰にならない程度に十分に摂取する必要があります。

妊娠中に太りやすくなる原因は?

食べづわり

食べづわりは、空腹時に起こることが多く、食べると収まります。このため食べすぎになることがあります。食べるものをなるべく低カロリーのものにしておきましょう。

運動不足

妊娠中は周囲が気を使って身の回りのことをしてくれる場合もあるでしょう。そのため、いつもより動く機会が減り、運動不足になってしまうこともあります。妊娠中も無理のない範囲で、体を動かすことが大切です。適度に軽い運動と食事量で体重を調整しましょう。

妊娠中のダイエット食についてまとめ

妊娠中は、食べづわりや運動不足によって太り過ぎになることがあります。これを予防するには、食事の工夫が重要。野菜をたくさん食べたり、高カロリーのものを避けるなどしてください。