ぴったりの分娩クリニック探しをサポートします@横浜市

HOME » 横浜市の出産に関するマメ情報 » 両親学級にいこう

両親学級にいこう

「両親学級」とは、出産を控えた夫婦・家族を対象にしている「学びの場」です。各市町村や自治体が主催していたり、デパートや産院(クリニック)で行われたりすることも多いです。

両親学級は妊娠22週目あたりから35週目までに行われ、出産前の下準備として行われます。中には週数に規定があり、規定の週数に達していないと両親学級を受講できないケースもあります。

時間としては主に平日夜間や土曜・日曜の日中などが指定されています。普段お仕事を持つお父さんやお母さんでも受講できるように、無理のない時間帯に設定されています。

産院でお産の立ち会いを希望する場合には、事前に両親学級に参加しなければならないという規定を設けているところもありますので、しっかりと確認を取っておきましょう。

両親学級は飛び込みでは参加ができず、多くの場合事前に申し込みが必須です。出席する講座の内容や日時、持ち物などをしっかりと確認して準備をしておきましょう。

両親学級の内容としては、妊娠から出産に至る一連の流れの確認や、産後に赤ちゃんをお世話する方法・手順などについて教えられます。出産当日の流れを知ることでお母さんの不安を和らげることができます。また座学だけでなく体験学習をすることができるので、実体験を通して実際にお腹にいる赤ちゃんが生まれた時の心の準備をすることができます。

プロの講師が直接指導をしてくれますので、何も下準備のない状態で育児に入るよりも心強く、親になるという自覚も生まれます。

お父さんにとっても、出産前から父親としてのつとめを果たすことができますし、これから育児に入る心の準備ができます。また、夫婦揃っての共同作業によって、育児の大切さをお母さんと共有することができます。

お母さんにとっては、お腹にいる赤ちゃんが実際に生まれてきてから何をすれば良いのかを知ることができるので、不安感が和らぎます。他の人の体験談などを聴いたり、プロのアドバイスに従ったりすることにより、母としての自覚はもちろん、育児のノウハウも身に付きます。

妊娠週数の近い人が同じ講座にきている場合、悩みを共有し、不安を分かち合うことができますので、一人で抱え込む心配もありません。

また退院後、家庭での沐浴や睡眠場所、部屋の温度調整などについて、しっかりと正しい知識を知っておくことで事故などのリスクも防ぐことができます。

このように両親学級に参加して、妊娠から出産、赤ちゃんのお世話の仕方まで専門家からしっかりと学んでおくことはとても大切です。お母さんの出産への不安を和らげるだけでなく、入院中および退院後の初めての赤ちゃんのお世話も手間取らず、安全にお世話ができると言えるでしょう。

横浜市で両親学級を受けられる場所

横浜市の中でも、各区が主催する両親学級をピックアップしました。

  • 横浜市中区:中区役所別館2階
  • 横浜市南区:区役所4階 多目的室1・2(日によって会場が異なります)
  • 横浜市旭区:区役所5階 母子相談室(3番の部屋)
  • 横浜市栄区:区役所新館1階
  • 横浜市西区:区役所3階
  • 横浜市緑区:区役所(4月・9月のみ)(5月~8月は会場が変更になります)
  • 横浜市泉区:区役所1階 福祉保健センター
  • 横浜市青葉区:区役所1階 福祉保健センター 15・16番
  • 横浜市磯子区:区役所4階研究室
  • 横浜市金沢区:地域子育て支援拠点「とことこ」研修室(能見台通8-22-102)
  • 横浜市港北区:区役所1階 予防接種室
  • 横浜市港南区:区役所3階 1番(4回以降は会場が変更になります)
  • 横浜市瀬谷区:区役所5階 3番
  • 横浜市都筑区:区役所1階
  • 横浜市鶴見区:区役所1階 母親教室受付
  • 横浜市戸塚区:区役所5階 健康診査室
  • 横浜市神奈川区:別館2階 予防接種室(3回目以降は会場が変更になります)
  • 横浜市保土ヶ谷区:区役所本館3階 301・302会議室