ぴったりの分娩クリニック探しをサポートします@横浜市

HOME » 横浜市の出産に関するマメ情報 » 妊婦検診を受けよう

妊婦検診を受けよう

産婦人科で診察を受けて、妊娠が確定したら、定期的に検診を受けることになります。

安心して出産するためには必ず受けておかなければならないものですが、これには1回5000円~8000円、オプション検査などが必要な時期にはさらに高額な費用がかかるのが現実。

一時期は、こうした経済面での負担をネックに、妊婦検診を受けないまま出産を迎えてしまう「未受診分娩」が問題視されていました。

そこで2009年からは、国が14回分の妊婦検診費用を助成してくれる制度がスタートしました。

地方交付税もその財源となっているので、運用先となる自治体によって補助してくれる費用やシステムに違いがあります。

横浜市の検診補助券制度とは?

横浜市の場合は、14枚の妊婦検診補助券が母子手帳交付の際についてきます。ママ友に聞いた話だと、4,700円の補助券が11回分、7,000円が1回分、12,000円が2回分という内訳だったそうです。

医療機関で検診を受けて、お会計の時にこの補助券を提示すれば、費用総額から補助券の金額が差し引かれます。ただし、補助券の金額に満たない場合は使用できません。こういう場合は領収書の原本などを添えて、後日横浜市に申請することもできます。

また、補助券が使えるのは、横浜市医師会に加入している医療機関や、横浜市と契約している市外の医療機関・助産所です。

妊婦検診を受ける時期・回数の目安

妊婦さんの定期検診は、通常以下のようなペースで受診します。

  • 妊娠6ヶ月(23週)まで…1ヶ月に1回
  • 妊娠9ヶ月(24~35週)まで…2週間に1回
  • 臨月(36週以降)…1週間に1回

検診を受けることは、赤ちゃんのためにも、ママのためにも、とても重要なことです。医師の指導に基づき、必ず受けるようにしましょうね。