ランキングを
今すぐ見てみる!

産院はどこが良い? 産婦人科の選び方

妊娠がわかり、ワクワクしながらおなかの中の赤ちゃんの成長を見守っている時というのは、幸せを感じるひとときですよね。

おなかが大きくなってくるにつれて、そろそろ出産する場所について考えなければと思い始めるのではないでしょうか。

赤ちゃんにとっても自分にとっても家族にとっても、『良い』と思える場所を選んで、出産という人生の大きな出来事をステキな思い出にしたいものです。

そこでこの記事では、出産を取り扱う主な産科の種類と、それぞれのメリット・デメリットについてご説明していきます。

産婦人科の種類

総合病院

総合病院には、大学病院や公立病院、私立病院などがあります。総合病院は産科だけでなく、小児科や婦人科を始めとする他の診療科もあるため、持病をお持ちの妊婦さんや異常妊娠、赤ちゃんに異常が指摘されている場合などに適しています。

病院の規模にもよりますが、助産師による看護外来が設けられている施設もあり、細かい相談に乗ってもらえる場合もあります。

総合病院で分娩したお母さんの口コミ

  • 総合病院だと妊娠中から産後まで的確な診療科にまわしてくれるところが良かったです。ただ救急病院でサイレンがうるさかったのと、ご飯がおいしくなかったのが残念。
  • 産後の合併症になったとき、生まれた時からの経過を把握してくれていたので、治療がスムーズでした。通院時の待ち時間が長いことや、分娩時に担当の先生がいないケースがあるのが難点だと思います。
  • 安産とは限らないし出産後のことも考えて選びました。出産費用が安く補助金内で収まったのが良かった。大部屋だったため人の出入りが多かったのがちょっと残念でした。

総合病院で分娩するメリット・デメリット

メリット

  • 設備が整っており多くの診療科があるため、安産でない場合や産後の合併症などに的確な対応ができます。母体だけでなく、小児科があるため生まれた子どものフォローもしてもらえるのもポイントです。
  • 出産費用が安く、自治体からの出産補助金の範囲内でまかなえる病院もあるため、あまりお金をかけたくない場合にぴったりです。

デメリット

  • 食事が病院食であるため味気なく不満を感じることも。大部屋に入院した場合は同室の妊産婦や面会者などの出入りや、救急車のサイレンの音に悩まされる場合があります。
  • 検診時の待ち時間が長い。担当の医師が不在だったり、途中で交代してしまったりということがあるため、付きっきりで対応してもらいたい人には不向きです。

助産院

助産院は、開業助産師が運営する産院で、医師が常駐していません。そのため医療行為ができず、リスクの少ない正常妊娠や、持病のない妊婦さんのみが対象となります。

助産院で分娩したお母さんの口コミ

  • 陣痛促進剤などを使わない自然な出産ができ、医療的処置は一切しなくて済んだのが一番良かったです。産後すぐに赤ちゃんとの同室になるので、しばらくは寝不足で大変かも…。
  • 上の子どもも一緒に入院させてもらうことができるなど、親身に対応してくれました。費用も安く、出産後の相談も気軽にすることができたのが嬉しいです。
  • 助産院ではメンタルケアも含めて、きめ細かい対応をしていただきました。しかし高齢初産だったため、最終的には総合病院に移動することになってしまいました。

助産院で分娩するメリット・デメリット

メリット

  • 自然な出産ができます。医療処置はしないため、出産の方法や陣痛促進剤を使用したくないなどの考えがある場合は、相談にのってくれる助産院がおすすめ。
  • 小規模なのでアットホーム。家族の付き添いができるなど、対応が親身でメンタルケアなどの細かい部分が行き届いています。

デメリット

  • 高齢初産・ハイリスク出産などの場合、医療的処置が必要となるため、助産院での出産ができず総合病院に転送される可能性があります。
  • 母子同室が原則のため、授乳などの赤ちゃんの対応をすべて自分で行う必要があり、夜間もゆっくり休めず寝不足になることも。

個人の産院(クリニック)

個人経営のクリニックは、産婦人科の開業医が院長として運営している病院または医院です。医師が常駐しており、医療行為が可能です。

産科のみであることが多いので、持病のあるハイリスクな妊婦さんや全治胎盤などの異常妊娠のケースは、対応できない場合があります。

個人の産院(クリニック)で分娩したお母さんの口コミ

  • 豪華な食事とエステが産後の疲れを癒してくれました。小さいクリニックだからサービスが充実しているのだと思います。母子同室や母乳重視の方針が良かったです。
  • 入院に必要なものがすべて準備されており、先生や助産師さんの対応もとてもよかった。私が行ったのは人気のクリニックなので、検診時は出産が入ると診察が中断されとても混んでいた。
  • アットホームで、希望する出産方法を尊重してくれたのが嬉しかったです。費用は高めでしたが、その分食事や設備が豪華でした。でも出産時は問題があって大病院に転送されてしまいました…。そこだけが残念です。

個人の産院(クリニック)で分娩するメリット・デメリット

メリット

  • 食事が豪華でおいしいことや、入院に必要なアメニティやエステがあるなど、快適に出産できる環境が整っています。
  • 希望する出産方法を選択できる、母子同室・母乳育児といった育児の方針が明確であるなど、自分の育児方針の希望とマッチしやすいです。

デメリット

  • 産科の単科病院であることが多く、お産が入ると診察が中断し混むことがある。また、出産時に問題が発生すると大病院に転送されてしまう可能性も。
  • 快適な環境が提供される反面、費用が高い傾向があります。安く抑えたい場合には不向きかもしれません。

どこがおすすめ?

3種類の産科を比較して、メリットとデメリットを挙げてみました。出産に対する考え方は人それぞれですが、出産を人生のイベントと考え、自分にも赤ちゃんにもよい環境で、ストレスなく過ごすことができることが一番ではないかと思います。

自宅から近いことや費用が安いことももちろん大切ですが、リスクのある妊娠や騒音などの落ち着かない環境の中で不安を抱えて過ごすより、リラックスした状態でよい思い出を作りたくはありませんか?

ある程度の医療行為が可能で、環境が整っていてスタッフの対応がいいという点を考えると、個人の産院にアドバンテージがあると考えられます。

出産場所を選ぶときは、是非上記の点を考慮して考えてみてくださいね。