ランキングを
今すぐ見てみる!
横浜市のおすすめ分娩施設・産婦人科 » 妊娠したらまずチェック!産院選びの3か条

妊娠したらまずチェック!産院選びの3か条

「赤ちゃんができたかも…」と思ったら、まずは産婦人科に行って、妊娠しているかどうか、きちんと診断してもらうことになりますね。はじめての妊娠だと、いったいどこの病院がいいのか分からず、迷ってしまうはず…。

そんなあなたのために、産院選びのポイントをまとめました!

産院選びの3つのポイント

家からの距離・通いやすさ

家から1時間以上かかるなど遠い産院では、陣痛が起こった時などに通院するのが大変です。次第に短くなる陣痛は、動くのも一苦労。妊婦さんによっては早いスピードで出産になってしまう事もありますから、迅速に対応できる距離の産院であることは大事です。

ただし出産は、人生の中でも一大イベント!できれば評判の良いステキな産婦人科で出産したいものです。自分で気に入った産院が多少遠くても、送迎サービスがあれば通いやすくなるはずですよ!

希望する分娩方法に対応しているか

出産と一言にいっても、自然分娩をはじめ無痛分娩や、計画分娩、LDRなどさまざまな方法があります。基本である自然分娩はどの産院でも可能ですから問題ないですが、最近注目されている無痛分娩やLDRでの出産となると、対応している病院は限られてきます。

パパの立ち会い出産を希望しているなら、立ち会い可能かどうかも確認しておかないと、いざ出産が近づいたときに他の産院に移動することができずにあきらめなければいけない事も。また、立ち合い出産では事前に受けなくてはならない講習がありますので、パパが休める日に開催しているかどうかも調べておくと安心です。

施設・サービスの内容

出産する病院は、医療設備が整っている方が安心です。でも、いくら医療設備が整っていても、味気ない病室や食事では入院生活も退屈でつまらないものに。

産後の入院は4日~7日と長いですが、病気ではないので気持ちは元気なままです!出産を最高の思い出にするためにも、医療設備が充実しているかだけでなく、施設の雰囲気や部屋の設備の充実度、食事やエステなどもチェックしておくといいですよ。1週間近い入院生活の満足度がグッとあがるはずです!

先輩ママが「この産院で良かった」と思うのは…

数年前と比べても、今の出産現場はいろいろと変わってきています。昔聞いた話だけでは、「こんなサービスもあったんだ!?」と驚くことも少なくありません。また、逆に思っていたのと違う印象を受ける事も。

産院のホームページには良い事しか紹介されていません。実際に体験したママの言葉は、サイトではわからなった一面も見えてきますので、産院選びの参考に是非チェックしておきましょう。


知っておきたい産婦人科の種類

産科の種類は、大きく分けて3つあります。

  1. 総合病院
  2. 助産院
  3. 個人病院

それぞれに特徴があるため、チェックしてみましょう。

総合病院

  • 小児科など産科以外の診療科もあり、CTなどの検査設備も整っているため、トラブルが起きた時にスムーズに対応してもらえる
  • 産後に治療が必要になった時など、生まれた時からの経過を把握していてくれるため安心
  • 出産費用が比較的安いため、助成金の範囲内で収まるケースが多い
  • 病院なので、食事が患者さん用の内容であるため味気ない、美味しくないと感じることがある
  • 出産のときに担当医がいない場合や、医師の異動などによって担当医が交代になることがある

助産院

  • 助産師が運営する産院であり、医師が常駐していないため、医療行為が必要となる異常分娩のケースや、合併症や持病のある妊婦さんは受け入れられない
  • 陣痛促進剤などを使わない自然な分娩が可能
  • 上の子など、家族が一緒に付き添い入院できる施設もある
  • 母子同室が原則のため、赤ちゃんの世話を昼夜問わずすべてお母さんが行わなければならず大変
  • 医療処置が必要となった場合は、総合病院に転送されるケースがある

個人病院

  • 食事が豪華で美味しいところが多く、エステやアメニティなどのサービスが充実している
  • 出産方法や、母乳育児・母子同室などお母さんの希望を尊重してくれることが多い
  • アットホームな雰囲気で、医師や看護師をはじめとするスタッフの対応がよい
  • 検診の時に出産が入り、診察が中断し混むことがある
  • 快適な環境が提供される反面、費用が高い傾向がある。

以上、それぞれの産科施設の特徴について挙げてみました。産科選びの際にぜひ参考にしてみてください。