ぴったりの分娩クリニック探しをサポートします@横浜市

無痛分娩

無痛分娩とは、読んで字のごとく出産の痛みを和らげておこなう分娩法。

横浜市の無痛分娩ができるクリニックもピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

無痛分娩を選ぶメリット・デメリットとは?

「無痛分娩」といっても、出産の痛みが全くないかといったら、嘘になります。

実際には、麻酔を使って、陣痛の痛みをラクにする出産法。子宮口が5cmぐらい開いたところで、背中から細いチューブを入れて、脊髄の横にある硬膜外という部分に局所麻酔を施します。

麻酔が効いてくると下半身の感覚が鈍ってきますが、赤ちゃんが降りてくる感じやいきむ感覚は残ります。

ただ、陣痛が弱まってしまい、鉗子などを用いた吸引分娩になるケースも少なくありません。いきむ力が少し弱まることもあり、自然分娩より時間がかかってしまうということもあるようです。

無痛分娩を希望するなら産科選びは慎重に

無痛分娩を行う場合、実際は病院側の都合で、人手が多い昼間に陣痛が起こるように、促進剤を投与されて計画出産となることがほとんど。

「無痛分娩をしたいけれど、できれば自然に陣痛が来てから産みたい…」と希望しているなら、麻酔科医が常勤しているクリニックに相談してみるのがよいと思います。

麻酔科の先生が限られた日しか勤務していない病院だと、おのずとベビーの誕生日=先生の出勤日から選ぶ、という現実的な選択方法になるかもしれません。

横浜市で無痛分娩ができるクリニック

このサイトでご紹介した横浜市内の産婦人科のうち、無痛分娩に対応しているクリニックは以下の通りです。

  • 聖ローザクリニック本院(東戸塚)
  • 小川クリニック(戸塚)
  • 新横浜母と子の病院(新横浜)
  • 東條ウィメンズホスピタル(上永谷)
  • あおばウィメンズホスピタル(青葉台)
  • ワキタ産婦人科(藤が丘)