ランキングを
今すぐ見てみる!

計画分娩ができる

計画分娩とは、事前に出産日を決めて、お産をする方法。そのメリットや、横浜市で計画分娩ができるクリニックをまとめてみました。

計画分娩はこんな人におすすめ

一般的な自然分娩では、予定日というのは大体の目安にしかならないので、いつ陣痛が始まり生まれるのかハッキリとはわかりません。

ですから、いざ陣痛が来るとバタバタしてしまい、家族への連絡もままならないことも。立ち会うつもりで準備を進めていたパパも、赤ちゃん誕生の瞬間を逃してしまうことに…。

ところが、出産日を決めておこなう計画分娩であれば、そんな心配不要です!家族の予定も合わせやすいので、遠方からご家族を呼んで立ち会ってもらいたい人におすすめ。記念の写真や動画の準備もバッチリできちゃいます!

横浜市で計画分娩できるおすすめの産院

プレママが計画分娩を希望する理由は、立ち会い出産だけでなく家族への。計画分娩ができ、家族へのサービスも丁寧な産院をピックアップしてみました。

聖マリアクリニック

聖マリアクリニックのイメージ
引用元:聖マリアクリニック公式(http://www.stmc-h.com/clinic.html)

個室で家族水入らずで過ごせる

院長の出身大学では全例計画分娩で、希望があれば無痛分娩もおこなっていました。もともと無痛分娩による計画分娩をおこなっていたことから、その取り組みには柔軟かつ経験も豊富であるといえます。

家族にとって嬉しいサービス

すべて個室ですので、落ち着いたかわいらしい内装。和室以外はシャワー、トイレ、テレビ、冷蔵庫が完備されています。また、院内には保育室があり、保育士さんが常駐しているので、上に小さいお子さんがいる場合、検診時などに無料で預かってもらえるので安心です。

聖マリアクリニックHPをさっそくチェック

聖マリアクリニックの診療案内

  • 住所…神奈川県横浜市戸塚区品濃町 509-3
  • アクセス…JR横須賀線、東戸塚駅より徒歩7分/クリニックから1分程度の駐車場有り
  • 電話番号…0458206303
  • 診療科目…産科、婦人科、麻酔科、小児科
  • 産婦人科の診療時間…月~土 10:00~13:30、15:30~19:00
  • 休診日…日曜・祝日
  • 問い合わせ…http://www.stmc-h.com/

ワキタ産婦人科

ワキタ産婦人科のイメージ
引用元:ワキタ産婦人科公式(http://www.wakita-sanfujinka.com/home/html/facility.php)

分娩室内で生まれた瞬間が撮れる!

医師と助産師とのカウンセリングから、バースプランを作成。それを元に、計画出産はもちろん無痛分娩にも対応しています。パパの立ち合い出産も可能で、分娩室での写真撮影もOK!ただ、動画撮影はNGです。

家族にとって嬉しいサービス

出産後は完全個室の母子同室ですので、家族水入らずで過ごせます。ソファーは小さなおこさんであれば昼寝ができますし、ファミリールームも。別料金が発生することもないので、なにかとお金がかかる出産時には大変助かります。

ワキタ産婦人科HPをさっそくチェック

ワキタ産婦人科の診療案内

  • 住所…神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-6-1
  • アクセス…東急田園都市線「藤が丘駅」南口より徒歩1分
  • 電話番号…0459737081
  • 診療科目…産科、婦人科
  • 産婦人科の診療時間…月~土 9:00~12:00 月火水金土 14:00~17:00
  • 休診日…日曜、祝日
  • 問い合わせ…http://www.wakita-sanfujinka.com/

レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ

フォレスタ ヴェルデのイメージ
引用元:フォレスタ ヴェルデ公式(http://foresta-verde.jp/about/atmosphere)

分娩室内で生まれた瞬間が撮れる!

医師と助産師とのカウンセリングから、バースプランを作成。それを元に、計画出産はもちろん無痛分娩にも対応しています。パパの立ち合い出産も可能で、分娩室での写真撮影もOK!ただ、動画撮影はNGです。

家族にとって嬉しいサービス

4D超音波装置VolsonE10(GE Healthcare 社)の導入から、お腹の赤ちゃんの動きがリアルタイムにわかります。DVDとして記念に残すことができるので、家族の思い出の品として残せます。

フォレスタ ヴェルデHPをさっそくチェック

フォレスタ ヴェルデの診療案内

  • 住所…神奈川県横浜市都筑区中川中央2-5-11
  • アクセス…センター南駅5番出口 センター北方面へ徒歩6分
  • 電話番号…0455905101
  • 診療科目…婦人科、小児科
  • 産婦人科の診療時間…月~土 8:30~11:30、月火木金 14:30~17:30
  • 休診日…日曜、祝日、 水曜午後
  • 問い合わせ…http://foresta-verde.jp/

その他、横浜市で計画分娩を行っている産院

このサイトでご紹介している産婦人科で、計画分娩の相談に対応しているクリニックは以下の通りです。

  • 小川クリニック(戸塚区)
  • 母と子の病院(港北区)
  • あおばウィメンズホスピタル(青葉区)
  • マザーズ高田産医院(港北区)
  • あおのウィメンズクリニック(戸塚区)
  • おとめクリニック(都筑区)

そもそも計画分娩って、どんなお産?

自然分娩の場合、自然に陣痛が来るのを待って出産しますが、計画分娩の場合は、陣痛促進剤を使って人為的に陣痛が来るようにします。

普通のお産をしようと思っていた妊婦さんが、計画分娩に切り替わるケースの多くは、予定日を過ぎても子宮口が硬いままで、お産の兆候が弱い時です。

また、「上の子のお世話を頼む都合」「どうしてもパパが休みの日に産みたい」などの理由で、最初から計画分娩を依頼する場合もあります。

こうしたケースの場合、たいていは予定日の1週間前ぐらいにおこなうことが多いようです。妊娠36~37週ぐらいの時点で、ドクターが胎児の成長状態を確認した上で、日程が決まります。

計画分娩の流れ(一例)

計画分娩の場合、お産の前日に入院するケースがほとんどです。ただし、経産婦さんは当日にしている病院も多いですね。

前日の処置としては、子宮口を広げるためのバルーンを入れておきます。この処置によって、赤ちゃんが下におりるように誘発されます。そして当日は、陣痛促進剤を点滴してもらいます。やがて陣痛がやってきて、あとは自然分娩と同じように出産となります。

初産の妊婦さんの場合、思うように陣痛促進剤が効かず、結局予定していた次の日に出産したという話も珍しくありません。病院によっては、促進剤の投与と同時に胎児を包む膜を人工的に破って、計画分娩がよりスムーズに進むような処置も行っています。