ぴったりの分娩クリニック探しをサポートします@横浜市

帝王切開

帝王切開とは、お母さんのお腹と子宮を切開して、医師の手で直接赤ちゃんをとりあげる方法です。

ここでは、横浜市で帝王切開に対応しているクリニック情報もまとめています。

帝王切開って、どんな出産方法?

現在、妊婦さんの5~6人に1人は、帝王切開で赤ちゃんを出産しているそう。以前に比べて、赤ちゃんの安全を重視する傾向にあり、帝王切開での出産が増えているようです。

帝王切開には、もともと予定してそうなる「予定帝王切開」と、分娩中に急遽切り替えられた「緊急帝王切開」の2種類があります。

予定帝王切開になる理由の多くは、逆子(さかご)ちゃんの場合。逆子のまま自然分娩すると、へその緒が赤ちゃんの頭と産道に挟まって、酸素が届きにくい状況になり得るからです。

また、双子ちゃんや三つ子ちゃんなど、多胎妊娠のケースも帝王切開となります。この他、児頭骨盤不均衡(赤ちゃんの頭がママの骨盤より大きい)・前置胎盤(子宮の出口を胎盤がふさいでいる)といった理由も、帝王切開が選ばれる理由の一つです。

以前は、一度帝王切開で出産したママの場合、それ以降の出産は必然的に帝王切開となることがほとんどでした。でも現在では、帝王切開後でも自然分娩できるお産方法を推奨しているクリニックも増えています。

緊急帝王切開については、出産直前や分娩中、胎児または母体に問題が起きた場合、ママや家族の同意のもと執り行われます。

帝王切開に対応している横浜市の分娩施設

このサイトでご紹介している横浜市の産婦人科で、帝王切開に対応しているのは以下のクリニックです。

  • 聖ローザクリニック本院(東戸塚)
  • 小川クリニック(戸塚)
  • 母と子の病院(新横浜)
  • あおばウイメンズホスピタル(青葉台)
  • 東條ウィメンズホスピタル(上永谷)
  • 堀病院(三ツ境)
  • ワキタ産婦人科(藤が丘)
  • 横浜医療センター(戸塚)