ランキングを
今すぐ見てみる!
横浜市のおすすめ分娩施設・産婦人科 » 分娩方法・バースプランごとに横浜市の産院List Up!

分娩方法・バースプランごとに横浜市の産院List Up!

ここでは、自然分娩はもちろん、無痛分娩や帝王切開など、さまざまな分娩方法の流れをご紹介しています。横浜市内なら、どこの病院で対応可能かもリストアップしてみました。

新しいお産の方法・院内助産についても解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

自然分娩でこだわる

お産の基本たる自然分娩は、どこの産院でも受付可能です。ただ、産院によって雰囲気もサービスも異なります。自然分娩とはいえ、1週間近く過ごすのですから、手厚いサービスの方がいいですよね!また、陣痛から産後まで一貫して同じ部屋で過ごせるLDRだと、移動の手間がないので体への負担も軽くてすみます。

帝王切開ができる

自然分娩に次いで知られている分娩方法。メスを使った手術になるので、自然分娩よりも体の回復もかかり、入院期間も長くなりがちです。不安に感じることも多い分娩方法だけに、設備が整っている総合病院の方が安心感があります。

無痛分娩ができる

出産に痛みはつきものですが、痛みに弱い人にとっては恐怖を感じやすく、それがストレスになって母体の健康状態にかかわることも…。無痛分娩は、そんな痛みを和らげてリラックスして出産に臨めるようにする出産方法です!

計画分娩ができる

出産は、いつ陣痛がきて始まるのかわかりません。家族の立ち合い出産を希望している方、上に小さなお子さんがいる方などは、できれば出産日時がわかっていた方がありがたいですよね。計画分娩では、産院と相談して予定日を決めることができます。

助産師がいる

お産の心強いサポート役である助産師さん。産科医師だけではカバーできない、細やかな部分までフォローしてくれます。妊娠から出産までなんでも話を聞いてくれる、産婦人科のお母さん的存在。どこの産院にも助産師はいますが、一人ひとりに丁寧に寄り添ってくれる助産師さんがいるとありがたいですね。

食事が充実してる

出産は病気ではないので、産後の1週間近い入院生活では、外に出れないストレスがたまりがち…。せめてもの楽しみとなるのが食事です!最近の産婦人科では、ホテル並みの豪華な食事が提供されるところが増えているので、写真をチェックするだけでもワクワクしますよ。

施設が充実・部屋がきれい

産後は1週間近くの入院になり、ほとんど部屋で動くことなく過ごします。お部屋の設備が充実しているほど快適に!また、回復期間である産後は、感染症などのリスクを避けるためにもお部屋がきれいなのは絶対条件です。