よくばりプレママにおすすめ 分娩・出産を最高の瞬間にする産院えらびin横浜市

分娩のこだわりが、
赤ちゃんへの最初のプレゼント

出産は、赤ちゃんとお母さんが出会う一生に一度の思い出。分娩予約が取りにくいと言われる横浜市でも、自分の思いや希望を大切にして分娩施設・産婦人科を選んでくださいね。

ランキングを
今すぐ見てみる!

横浜市の先輩ママ100人に聞いた!
産院の満足度ランキング

出産経験のある横浜市の先輩ママ100人にアンケート!産院の満足度が高かったポイントを調査し、ランキングにしました(※株式会社アスマーク調べ)。実際に経験した人の意見は、何よりも心強い!ぜひ分娩施設を探す時の、参考にしてください。

アンケートの結果発表

ご自分が選んだ産院で、
満足したポイントはどこですか?

食事が美味しいおすすめの産院≫
30おすすめの産院はこちら
雰囲気があたたかいおすすめの産院≫
18おすすめの産院はこちら
医療設備が整っているおすすめの産院≫
14おすすめの産院はこちら
個室がキレイ・充実している
12
費用が安い
4
無痛分娩ができる
4
母子同室できる
4
女医さんがいる
3
ママパパ向けクラスが
充実している
1
その他
10

横浜市の先輩ママが、自分で選んだ産院の対応で1番満足したポイントは「食事の美味しさ」!妊娠は病気ではないので、いかにも「入院食」を出されると気が滅入ってしまうのだとか。母体のコンディションに響くので、食事はかなり重要です!
次に大事なのが「雰囲気のあたたかさ」。医師や助産師さんが優しく丁寧に対応してくれる方が、安心して出産に望めますよね。

食事で選ぶなら

聖マリアクリニック

聖マリアクリニック本院02

引用元:聖マリアクリニック公式(http://www.stmc-h.com/dish.html)

聖マリアクリニック本院01

引用元:聖マリアクリニック公式(http://www.stmc-h.com/clinic.html)

聖マリアクリニック本院03

引用元:聖マリアクリニック公式(http://www.stmc-h.com/clinic.html)

聖マリアクリニック本院02
聖マリアクリニック本院01
聖マリアクリニック本院03

さっそく聖マリアクリニックHPを見てみる

一流ホテル出身のシェフの料理をゆったり個室で

専属シェフと併設のパン屋をもつ産院。一流ホテルで腕を磨いたシェフの料理と焼き立てパンを、可愛らしい個室でじっくりと味わえます。赤ちゃん誕生の幸せな時間を、快適に過ごせますね!

無痛・計画分娩も!幅広い対応で横浜市に6院展開

麻酔科医師が常勤しているので、無痛分娩の日時制限がないのも嬉しいポイント。自然分娩はもちろん、計画分娩・帝王切開と、あらゆる分娩方法に対応しています。助産師はなんと16人!プレママの要望に応える体制の整った、至れり尽くせりの産院です。

聖マリアクリニックの
口コミ

どの先生もテキパキとしていて、でも話はしっかり聞いてくださいました。(中略)ホテルのように、きれいな施設で、本当に産院なのかな?と思うような落ち着いた雰囲気で良かったです。食事は毎食美味しすぎて、完食でした。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/673143/s51.html)

無痛分娩希望で選んだ。スタッフが優しく常に丁寧な対応をしてくれる。診察は混んでいて時間はかかるが、声がけや併設のパン屋さんのパンを少しくれたりと心配りが細かい。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/673143/s51.html)

高級ホテルのようにオシャレで、入院食も毎日シェフが作る豪華な料理を食べていました。部屋の中にはシャワーやトイレも付いているので、本当に快適に過ごせました。

Calooより抜粋(https://caloo.jp/hospitals/detail/4140000644/reviews)

聖マリアクリニックの見学・分娩予約はこちら

今すぐ電話で問い合わせ

住所
神奈川県横浜市戸塚区品濃町 509-3
最寄り駅
JR横須賀線、東戸塚駅より徒歩7分
診療時間
月~土 10:00~13:30、15:30~19:00
※日曜祝日は休診
電話番号
045-820-6303

雰囲気のあたたかさで選ぶなら

みやした助産院

みやした助産院01

引用元:みやした助産院公式(http://www.miyashita.gr.jp/clinic/)

みやした助産院02

引用元:みやした助産院公式(http://www.miyashita.gr.jp/birth/)

みやした助産院03

引用元:みやした助産院公式(http://www.miyashita.gr.jp/clinic/)

みやした助産院01
みやした助産院02
みやした助産院03

さっそくみやした助産院HPを見てみる

生まれた瞬間からはぐくむ!親子の絆へのこだわり

ママと赤ちゃんのつながりを重視するみやした助産院。出産直後は赤ちゃんとの早期接触をおこないます。母乳育児も推奨しており、産後は終日母子同室のため、赤ちゃんとずっと一緒にいられます。

産後までフォロー!イベント・教室もりだくさん

出産準備のクラスや、人気のマタニティヨガをはじめ、ベビーマッサージ・スリング教室・食育セミナーなど産後のフォローもばっちり!家庭的な雰囲気なので、出産・育児の疑問や不安を皆で分かち合えるはずです。

みやした助産院の
口コミ

健診では妊娠期間を通じて全ての助産師さんに診てもらえるので、妊娠後期にはどの助産師さんとも気さくに話せるようになります。なので、お産の時にとても心強かったです。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/62414/s51.html)

ここのスタッフの方はみんな、一緒に喜んで、心配してくれて、寄り添って助けになってくれた。胎児の写真もいいのが撮れるまで粘って撮ってくれたな…

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/62414/s51.html)

健診も病院のように待つ時間も短く、予約も取りやすい。産前産後の母親学級や、母乳指導がしっかりしているところも魅力的。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/62414/s51.html)

みやした助産院の見学・分娩予約はこちら

今すぐ電話で問い合わせ

住所
神奈川県横浜市南区三春台126
最寄り駅
京急「黄金町駅」もしくは「南太田駅」より徒歩15分
診療時間
9:00~12:00(外来)、13:00~17:00(臨時外来・往診)
※日曜祝日は休診
電話番号
045-231-1788

医療設備で選ぶなら

けいゆう病院

けいゆう病院01

引用元:けいゆう病院公式(http://www.keiyu-hospital.com/guidance/hospitalization/room/)

けいゆう病院02

引用元:けいゆう病院公式(http://www.keiyu-hospital.com/departments/section/nutrition/)

けいゆう病院03

引用元:けいゆう病院公式(http://www.keiyu-hospital.com/nurse/archives/date/2016/08?cat=1)

けいゆう病院01
けいゆう病院02
けいゆう病院03

さっそくけいゆう病院HPを見てみる

万が一に備えて!365日24時間受け入れ体制

横浜市周産期救急医療の指定病院、神奈川県周産期救急医療システムの協力病院。産婦人科医7名が常勤しており、緊急時の対応にも力を入れています。ハイリスク妊婦には頼もしいですね!

横浜市で無痛分娩をけん引してきた総合病院

横浜市の総合病院の中で、無痛分娩に対応している数少ない病院です。平日9~17時と制限があるものの、平日の日中の無痛分娩ができるように麻酔科医の勤務を整えています。

けいゆう病院の
口コミ

総合病院は流れ作業のようで冷たいと感じることもありますが、看護婦さん一人ひとりはとても親身になってくれますし、歩行訓練の時は手をとって長い時間付き添ってくれたりと、大変親切にしていただきました。

Calooより抜粋(https://caloo.jp/hospitals/detail/1140364870/reviews)

切迫早産で入院して、不安に思うこともたくさんありましたが、医師、助産師の方々のアドバイスで救われました。(中略)みなとみらい駅から近く、大病院であるのでNICUもあり、安心して出産できます。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/31101/s51.html)

インフルエンザが流行っていた時期の為、面会者制限をするなどし、安全を確保していました。(中略)タオルやパジャマ、赤ちゃんの服などは使い放題で清潔に保て助かりました。

WOMEN'S PARKより抜粋(http://women.benesse.ne.jp/kensaku/obstetrics_and_gynecology/31101/s51.html)

けいゆう病院の見学・分娩予約はこちら

今すぐ電話で問い合わせ

住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-3
最寄り駅
みなとみらい線・みなとみらい駅 徒歩3分
診療時間
8:00~11:30
※第1・3・5土曜、日曜、祝日、年末年始、6月第3木曜は休診
電話番号
045-221-8181
※免責事項
国民健康保険中央会の調べ(平成28年度)によると、神奈川県の正常分娩の出産費用は平均564,174円。相場は50万円台のようですが、各産院の費用などの最新情報は、公式HPにて必ずご確認ください。 また分娩・出産は、個人の健康状態や施設の状況により、産院側の受け入れ対応、分娩の種類が異なります。医師に相談の上で、分娩の進め方は、医師との相談の上で決めましょう。

分娩方法・バースプランごとに
横浜市の産院List Up!

気になる分娩方法やサービスがあり、理想のプランをたて始めたプレママに向けて、各プラン別に横浜市でおすすめの産院をご紹介します。

自然分娩でこだわる

お産の基本であり定番と言えば自然分娩。最近は、陣痛から産後まで同じ部屋で過ごせる「LDR」を希望するプレママも増えています。自然分娩ならどの産院でもOKですが、「LDR」は専用の施設が必要なので、対応している産院を探しましょう。

帝王切開ができる

自然分娩での出産が難しい場合にとられる分娩方法として有名ですね。逆子の場合や、分娩中の緊急対応として、帝王切開術を行います。帝王切開の可能性がある人は、お腹にメスを入れることを考えて、医療設備の整った病院を選ぶのがおすすめです!

無痛分娩ができる

陣痛の痛みを緩和する無痛分娩。日本でも着々と浸透しているので「友人が無痛分娩だった」という人も多いのではないでしょうか?無痛分娩は麻酔科医がなくてはならない存在なので、産院を探す時は、麻酔科医に注目してみてくださいね。

計画分娩ができる

家族の立ち合い出産や、上にお子さんがいるママは、あらかじめ出産日がわかる方がとっても助かりますよね。産院によって、事前に出産日を決めてお産に挑む計画分娩を取り入れているところもあります。予定が立てやすいため、希望する人も少なくありません。

助産師が多い

助産師は出産時の介助だけでなく、妊娠中の不安を聞いて支えてくれる精神面のサポーターでもあります。ただし、助産師の人数が少ないと、妊婦さん一人ひとりへの対応時間は少なくなりがち。丁寧なフォローを求めるなら、助産師の人数が多い産院を選ぶのがポイント!

食事が充実している

入院中の、楽しみの一つと言える食事。いくら体に良くても味気ない病院食が続くと、なんだか残念な気持ちに…。最近ではホテル顔負けの豪華な食事を用意している産院が増えています!専属のシェフ・調理場をもつ産院なら、でき立てほやほやの美味しいご飯を食べられるはず。

施設が充実、部屋がきれい

ほとんどの時間を自室で過ごすので、設備の充実は意外と大事なポイント。プライバシーの確保はもちろん、時間を有意義に過ごせるように配慮された部屋だと、産前産後のストレスを少しでも減らせます!産後の弱った体をいたわるために、部屋がきれいであることは絶対です。

住まいから探したい派さんへ!
横浜市の区別にみる
産婦人科一覧

一緒に通院する旦那さんや、立ち合い予定のご家族のために、とにかく立地を優先して探したい!そんなプレママに向けて、横浜市の区ごとに産婦人科をご紹介します。

戸塚区

面積は横浜市18区内中で最大。人口は第4位。ほとんどの丘陵地が住宅地として開発されています。北欧の国・フィンランドを見習った「ウェルカムベビープロジェクト」を実施しており、子育てしやすい環境作りに力が入れられています。聖マリアクリニックや小川クリニックなどの分娩と検診を別にしている産院や、横浜医療センターや戸塚共立レディースクリニックなどの総合病院もあります。

都筑区

横浜市18区内中で、一番農家数が多いエリア。また、平均年齢は最も若く(横浜市平均は44.98歳)、子育て世代も多い区です。出産祝いプロジェクト「育っ種(そだったね)」があり、ショッピングモールも豊富で買い物も便利!女性医師による総合婦人科診療部門「Birth & Ladies' Clinic Sola」や妊婦健診専門の「聖マリアクリニック北分院」、コンシェルジュがいる「おとめクリニック」などがあります。

西区

横浜駅、みなとみらい駅周辺地区は、横浜都心に指定されている、横浜市のほぼ中央に位置する埋立地です。妊娠検診OKでも、分娩できない産院が多々見られるため、出産予約を早めに入れないと他の区を探すことになります。ただ、分娩できる産院をグループ内にもつ「聖マリアクリニック横浜ステーション」などでは、本院での予約が可能と安心です。

港北区

ニュータウンや大規模マンションなどの開発が活発で、住宅地・商業地が発達した区です。一戸建て住宅中心の閑静な住宅地は、豊かな自然があり、子育て向きだと人気。「よこはまグッドバランス賞」認定医院の「新母と子の病院」や「マザーズ高田産医院」など産婦人科も充実しています。

鶴見区

鎌倉時代からの地名で、源頼朝がここで鶴を放ったことから命名されたという伝説が。京浜工業地帯の中核地区でもあります。在籍する医師・助産師の数も多い「横浜市東部病院」に、セキュリティが万全な「熊切産婦人科」、「あおいウィメンズクリニック」「浅川産婦人科医院」と分娩まで受け付けている産院が多くあります。

青葉区

東京都心部に通勤通学する人が多いことから、「青葉都民」「横浜都民」と呼ばれます。「浜なし」ブランドの梨が有名。世界初とも言われている癒しの分娩室がある「あおばウィメンズホスピタル」や、「ワキタ産婦人科」、「横浜総合病院」「昭和大学藤が丘病院」としっかりと設備が整った産院が多数あります。

神奈川区

区名は、東海道の宿場町「神奈川宿」からつけられました。戦前から続く六角橋商店街、秋の祭礼で有名な杉山大神、浦島太郎の両親の墓が白幡にあったという浦島太郎伝説などがある地区です。産婦人科はいくつかありますが、分娩は提携病院でおこなう「セミオープンシステム」を取り入れたクリニックが目立ちます。

  • 的野ウィメンズクリニック
  • コシ産婦人科
  • 原産婦人科クリニック
  • 港町診療所

旭区

日本最大級の動物園「よこはま動物園ズーラシア」があるエリアです。区内を横断する保土ヶ谷バイパスは渋滞の名所として、ニュースでもたびたび耳にするほど。現在、二俣川地区で再開発が進んでおり、子育て世代が増える可能性も!NICU完備の各種ハイリスク妊娠対応可と頼もしい「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」があります。

南区

18区の中で一番人口密度が高い区です。大岡川沿岸部は桜の名所で、ぜひ生まれてくる赤ちゃんと一緒にお散歩をしてほしいところ。高度先進医療の総合病院「神奈川県立こども医療センター」や、フリースタイルでの出産を大事にしている「みやした助産院」などがあります。

保土ケ谷区

横浜市の中央部、関東ローム層からなる多摩丘陵の端に位置する区。かつて東海道の宿場として栄えた歴史を持ちます。アットホームな雰囲気の「磯産婦人科医院」や、地域周産期母子医療センターである「横浜市立市民病院」などがあります。

港南区

約22万人が暮らす住宅都市です。11月には区民まつりの「ひまわりフェスタ」がおこなわれ、家族で遊びに行くのもおすすめ。無痛分娩にも対応している「東條ウィメンズホスピタル」や、複数の女性医師が在籍する「横浜市南部病院」などあります。

金沢区

「海の公園」や八景島シーパラダイス、横浜ベイサイドマリーナなどマリンスポーツが楽しめる地域。「赤ちゃんにやさしい病院」(BHF)に認定されている「横浜市立大学附属病院」や、フリースタイル分娩の「山本助産院」などがあります。

  • 横浜市立大学附属病院
  • 岡本産婦人科
  • 山本助産院

中区

神奈川県内の行政機関が集中している中心的な区。歴史の色も濃い元町は、おしゃれな大人の街として有名ですね。総合病院の「ふれあい横浜ホスピタル」や「横浜市立みなと赤十字病院」とあります。妊婦検診のみに対応している「元町レディースクリニック」や「福田俊子レディスクリニック」も。

  • ふれあい横浜ホスピタル
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 元町レディースクリニック
  • 福田俊子レディスクリニック

緑区

宅地化された新興分譲地も増えてきていますが、広大な農業用地が残り稲作や梨生産が盛んです。分娩には「横浜きりがおかマタニティクリニック」や「みどり助産院」があります。妊婦検診だけでしたら「みなみレディースクリニック」もOKです。

  • 横浜きりがおかマタニティクリニック
  • 田口メディカルクリニック
  • みなみレディースクリニック
  • みどり助産院

磯子区

沿岸部の低地の大半は埋立地。区民の6割以上が横浜生まれで、新規分譲住宅地はちょっと少なめ。磯子区での分娩予約は「汐見台病院」「サンマタニティクリニック」で受付可。里帰り出産などで妊娠検診のみであれば、「磯子悠レディースクリニック」「井橋レディースクリニック」とあります。

  • 汐見台病院
  • サンマタニティクリニック
  • 磯子悠レディースクリニック
  • 井橋レディースクリニック

泉区

相模野台地と呼ばれる、関東ローム層に覆われた地域。日立製作所やブリヂストン従業員のベッドタウンでもありました。今は、持ち家比率と一戸建て率が市内でもトップのエリアになっています。総合病院である「国際親善総合病院」では、ここ最近、医師や助産師の人員確保からも分娩予約を多めにとれるようになってきています。また、「こまくさ女性クリニック」で妊婦検診を受けている方の分娩もこちらになります。

  • 豊倉助産院
  • 国際親善総合病院
  • こまくさ女性クリニック

栄区

昔から鎌倉とゆかりの深い地域。いたちのマスコット「タッチーくん」は誕生から15年経ち、愛されキャラクターとしてグッズ販売や「ゆるキャラグランプリ」に出場するなど活躍中です。7年前から、国家公務員共済組合連合会35病院と連携する急性期型病院・横浜南共済病院が産科を再開しました。

  • 横浜南共済病院

瀬谷区

横浜市内の中でも自然環境が豊かな区で、瀬谷市民の森や宮沢ふれあい樹林、東山ふれあい樹林など市民の憩いの場や学習場所として活用されています。遺跡の数も多くあります。瀬谷区にある「堀病院」は地元で有名な病院で、ほとんどの人がこちらを利用しています。イメージキャラクターのフクロウも、住民には知られた存在です。

妊娠したらまずチェック!
産院選びの3か条

出産は、産院次第で大きく変わります。産院の方針、サービス、施設などの違いによって、同じお産でも産院が違えばまったく別のお産経験になるはず。理想の出産を叶えてくれる産院を見つけるための、3つのポイントをお教えします。

産院選びを詳しく見る

横浜市の出産に関する
マメ情報

少子高齢化が声高に言われる時代なので、出産・子育ての制度も、どんどん良い意味で変化しています。地域によって多少の違いも。横浜市のサービスや補助制度をくまなくチェックしておきましょう。

母子手帳をもらうには

妊娠がわかったら、まず最初に受け取りたい母子手帳。成長の記録をつけるだけでなく、妊婦検診に使える補助券や受診票などがセットになっていて便利ですよ。横浜市にある母子手帳の交付場所をご紹介します。

両親学校にいこう

出産を控えた両親に、お産や子育てについてのレクチャーをするまなびの場。特に初産婦さんや立ち合い出産を希望する場合は、必ず受けておきたい大事な内容です!横浜市内の両親学級を受けられる会場をリストアップしました。

妊婦検診を受けよう

出産に向けて急激に変わる体の変化と赤ちゃんの様子を、定期的にチェックする大事な検診。お産は命がけとも言われていますから、検診はこまめにおこないます。そこで横浜市のお得な、検診補助券制度について調べてみました。

にんしんSOSヨコハマに相談してみよう

横浜市こども青少年局によって開設された相談窓口です。経験豊富な保健師、助産師、看護師さんたちが、妊娠中や子育てへの不安などの相談に乗ってくれます。匿名での相談もOK!利用方法を詳しくご紹介します。